カテゴリ:ダトニオ( 31 )

地獄からパラダイスへ!

昨日よりチビのダトニオ・リアルバンドを隔離しています。
去年大きくなったダトニオを1200水槽に移動したので、45センチの水槽が空いていました。
リアルバンドは元々60センチの水槽にいましたが、13センチに成長したオスカーとチビダトからのいじめが激しくなり、2日前から陶器の河童のエアレーションから全く出てこなくなってしまいました。餌も食べなくなり、体を斜めにして閉じこもりっぱなし。ちょうど1年前、今回と同じ状況になったメニーバーが餓死したことが脳裏をかすめ、急遽夜中に移動させることにしました。何故だか移動はいつも夜中になってしまいます。
b0188042_22544874.jpg

45センチのガラス水槽です。
このサイズで一応OFです。
この空間にこの子1匹です。
ここなら悠々自適です。
いじめっ子もいませんしね。
それでもはじめは河童シェルターに逃げ込んでいました。
またあのいじめっ子が来る!と思っていたんでしょうかね。
でも翌日からはほとんど入っていません。
安全だと認識したみたいです。
早くも環境に慣れて、餌もキャットやモンスターを食べています。

写真では分かりにくいですが、この子も左右対称の逆V字バンドです。
本ダトが高嶺の花となった昨今、こういうリアルバンドを大きくして逆V字の世界を作り上げるのもいいかも!と思っています。

by doppuri-ei | 2013-06-19 23:02 | ダトニオ

逆V字ダトニオ!

今日早朝5時半頃、大きな地震がありました。
ビックリしました。
こんな時期なので、北朝鮮のミサイルなのか!?地震なのか!?と。
とりあえず雨戸を開けて逃げ場を確保。
テレビをつけると、地震関連ニュースが流れていました。
携帯には予め設定しておいた地震警報メールが届き、同時に警報音がけたたましく鳴っていました。
両者の情報から震源地は淡路島であること、淡路市は震度6弱でこのあたりは震度4だと確認し、余震も怖いので暫く起きていましたが、眠たくなってまた寝ました。昔から「地震・雷・火事・親父」って言いますが、地震は逃げ場がないですから怖いです。飛んでいる鳥も落ちるらしいですから。
今回の地震を18年前の阪神大震災の余震だとする見解や、または南海トラフ大地震の予兆と見る専門家もいて素人の私にはよく分かりませんが、いずれにしても暫くは気をつけないといけません。
防災グッズも揃えておこうと思いました。

ところでまたまたダトニオの話題です。
私好みの逆V字バンドのダトニオ・リアルバンド。
かなり個性的です。
バンド間に変にシミが出るよりも、こうやってはじめから左右対称に綺麗に分かれていた方が美しいと私は思うんです。本ダトニオは高くて買えないですしね。個体によると思いますが、リアルバンドでも結構綺麗です。
b0188042_16281034.jpg

この子はたまたまオークションで見つけました。
大きさ18センチです。
これくらいだったら輸送でも大丈夫なんじゃないかなと思いました。
しかも近隣県の和歌山からの発送ですし。
写真で見て即気に入って、即買いました。
名前は「新之助」にしました。
紀州藩主で、後の八代将軍・徳川吉宗の幼名「新之助」からの命名です。

今は水槽に入れた直後なので綺麗に発色していますが、今後はどうなることやら。今までの経験から、リアルバンドの難点は発色が悪い個体が多いことです。
導入時は綺麗なのに、翌日にはあれれ?って感じです。
本ダトと比較すると、黒ずむ個体が多いような気がします。
願わくば、このままのカラーでいてもらいたいです。
b0188042_16285013.jpg

ちょっと小顔ですが、バルーンショーットっぽいところはベリーグッドです。
餌は人工飼料OKだそうなので、皆とうまくやっていけそうです。

by doppuri-ei | 2013-04-13 16:35 | ダトニオ

動くダトニオ&アーチャーフィッシュ!!

先程の記事の続きです
動画を撮ってみました。
久しぶりに撮ったので、You Tubeへのアップを忘れてしまって苦労しました。
パソコンへの取り込みも?です。
パソコン替えるとややこしいですね。

ただ魚が泳いでいるだけの映像です。
苔で汚い部分もありますが、よろしければご覧ください。
途中「カンカン」と音が入っているのは、ブルテリア「ブービー」が食器を噛んで遊んでいる音です。若干の手振れもあります。
再生時間は約1分です。


by doppuri-ei | 2013-03-22 03:31 | ダトニオ

ダトニオ&アーチャー水槽!

久々にビッグ水槽の話題です。
1200のダトニオ&アーチャー水槽について書きたいと思います。
この水槽の濾材は9割「フジノスパイラル」を使っています。
「フジノスパイラル」とは書きましたが、現在は「スパイラル濾過材 クロキチFSPL」と名称変更されています。
他の水槽はまだリング濾材ですが、この水槽は水に透明感があってかなり綺麗です。
いつもブロ友さんのGar221さんに譲っていただいて、非常に助かっています。
今回も海水用に譲っていただきました。
ゆくゆくはエイ水槽も100%「クロキチFSPL」に変更予定です。
今使っているリング濾材は重くて重くて、濾過槽から引きあげてメンテナンスをすることを想像するだけで、疲れが出てしまいます。
おまけに水の中で濾材をジャラジャラ手でかき混ぜていると、爪は割れるし、指は切るし、最後に濾過槽に戻そうと持ち上げてギックリ腰になるし、全然いいことないです。
その点この濾材は軽くて楽チン!
今日はお掃除しようかな~!って気分にさせてくれる精神的にやさしい濾材です。
b0188042_111243.jpg

その「クロキチFSPL」のたくさ~ん入っているダト&アーチャー水槽の様子です。
苔は生えてますが綺麗と思いませんか、水!
入れる前と比べると、水に透明感があるような気がします。

そして魚たちも成長しています。
まずはダトニオ君!
b0188042_0513459.jpg

一昨年7月に10センチ弱でうちに来ました。
当初は45センチのミニOF水槽で単独飼育でした。
b0188042_353175.jpg

この子がこんなにビッグに!
今やボスクラスです。
一番鮮やかです。
b0188042_052766.jpg

お隣に写っているのは、フォーバー・ショートです。
この子がダトニオを飼うきっかけを作ってくれました。
そのおかげで今やダトニオ・ファミリーを形成するに至っています。
b0188042_053385.jpg

相変わらずのショートぶり。
可愛いです。
b0188042_0553226.jpg

そして本当のボスはこの子!
ダトニオ・リアルバンドのイレギュラーですが、
前回紹介した子と同じ子とは思えないくらい黒ずんでいます。
自分のテリトリーに侵入するお魚を威嚇するんですが、そのときこういう色になります。
大体いつもこういう感じです。
いつも怒っておられるようです。
餌のときだけ鮮やかに発色します。

この子はかなり幅を利かしてます。
以前小さなジュルパリ2匹を入れて2時間後に来てみたら、こいつが口にくわえて泳いでました。
口から尻尾が見えてたときは・・・もうあきらめるしかなかったです。
b0188042_0583958.jpg

そしてまたまたイレギュラーのダトニオ・リアルバンドです。
こういう左右対称の別れバンドが、好きなんですよね。
小さいけれど、しっかり餌を食べてます。
普段は流木に隠れてて、餌の時間は浮かんだカーニバル目がけて一直線。
これを何回も繰り返して、食後はお腹パンパンになっています。
この子は何があっても色がレモン色なので、案外根性が座ってるのかもしれません。
b0188042_3113362.jpg

そしてジュルパリ。
正式名称「サタノぺルカ・レウコスティクタ・ガイアナ」。
ブロ友さんの飼育係さんのジュルパリを見ていて惹かれました。
魅力は何と言ってもこの「馬面」!
勿論この輝きも魅力ですけどね。
ショップで聞くとガイアナ産が特に綺麗らしいので、去年次々と買ってたら6匹になりました。
勿論食べられることのない15センチサイズのものを買いました。
たくさんいると、ピカピカ光ってアマダイみたいで綺麗です。
彦麻呂さん風に言えば、“これは水槽の中のダイヤモンドや~!”って感じですかね。
b0188042_1624076.jpg

成長に伴って、顔がピンクっぽい赤色に変化してきました。
でも見る角度によっては、顔の斑点がグリーンにもマリンブルーにも見えて、白底水槽に映えます。
正しくダイヤです。
このジュルパリ、本来なら底の餌を食べるはずが水面のカーニバルを狙います。
落ちてくるまで待ってられん!ってとこでしょうかね。
事実落下途中でダトやメニーバーが全部食べちゃってますから、フムフム・・・生きるために学習したみたいです。
b0188042_0593545.jpg

そしてそのメニーバータイガーです。
大きくなりました。
25センチは超えてると思います
このお魚は前から見ても結構幅がありますね。
このメニーバーを飼育して、メニーバーが好きになりました。
見ると飼うのとでは大違いですね!
またダトニオとは違った魅力があります。
もう1匹10センチの予備軍がいますので、ここで早く2匹泳がせたいところです。
b0188042_10361.jpg

そして、アーチャーの登場です。
今ここで泳ぐアーチャーは3匹。
小さいサイズは、またパクリとやられてしまいますからね。
一番小さいゼブラでも15センチくらいはあります。
予備軍のチビアーチャーたちは、現在600水槽で成長待ちです。

大体こういう感じで、総勢18匹います。
大きくなったらエイ水槽に移すつもりのお魚もいますが、中々大きくなりませんね。

by doppuri-ei | 2013-03-22 01:00 | ダトニオ

ニューダトニオ!

新しくダトニオがメンバーに加わりました。
ダトニオリアルバンドです。
約30センチあります。
b0188042_2224177.jpg

現在、本ダトニオは滅多に見なくなりました。
たまにオークションに出ていてもかなり高額まで上がっていきますしね。
この子はバンドは乱れていますが、私のお気に入りの乱れ方です。
逆V字バンドは大好きです!
それに左右対称ですしね。
b0188042_22243899.jpg

元気いいです。
いい位置に流木を置いても、すぐに動かしてしまいます。
性格はやや乱暴ものですが、何でも食べてくれます。
立派に大きくしてやりたいと思います。

by doppuri-ei | 2013-03-13 22:30 | ダトニオ

ビッグになるか?チビダト!

久々のお魚の記事です。
最近お絵かき記事が多くなり、ここはどっぷりエイだろ?オイオイどこへ行くんだ?って声がありましたが、大丈夫です。私はここにいます。

ということで今年初のアクア記事は、45センチ水槽のチビダトニオの成長ぶりについて書いてみました。最近色が黄色からブラウン系になっています。ちょっとPHが下がっているのでそのせいかもしれません。
b0188042_6184025.jpg

驚きです。
この2ヶ月あまりでメチャクチャ大きくなりました。
カッパのエアストーンの口の中に入れなくなりましたから。
ここが唯一の隠れ家だったのに、今は家なき子になっています。

大きさは水槽外部から測って、約15センチあります。
セミショートではありませんが、体高が出てきたのでそんな風にも見えるのが嬉しいです。口から背中への急カーブもグッドな感じになってきました。
b0188042_6185831.jpg

餌は1週間に1回胃を休める“休胃日”を作っていますが、それでもこの成長ぶりです。大器なのでしょうか?柄はチョイ乱れてますが・・。
何でも食べてくれるのでたすかります。

by doppuri-ei | 2012-01-13 08:08 | ダトニオ

世界に1つだけの柄~!

何でも食べるっていいことですね!
飼育者にとっても、お魚にとっても。
写真は別の部屋の水槽からミニOF水槽へお引越ししてきた本ダトニオです。
とは言ってもお引越しは7月のことでした。
b0188042_2221766.jpg

この子は何でも食べてくれます。
カーニバルもキャットも冷凍エビもメダカも何でも来いです。
おかげで体高が出てきました。
そして7月から約4センチ大きくなりました。
4ヶ月で4センチ。
現在11センチ。
順調なのか、遅いのか・・・。
よく分かりませんが。
b0188042_222458.jpg

バンドがやや乱れていますが、この乱れ方は自分から見ればお好みの範疇です。Y字型バンドのダトっていうのもかなり珍しいんじゃないでしょうか。
b0188042_2231516.jpg

いまはこういう環境に一人暮らしです。
以前はここに同じくらいの大きさのメニーバータイガーがいたのですが、このダトニオにいじめられて栄養失調でお亡くなりになりました。ダトニオファミリー水槽実現のために、探しに探して見つけたお気に入りメニーバーだったんですが・・。
b0188042_2234230.jpg

まあ今は早く大きくなって、軍団に合流させるのが楽しみです。♪
そのためにも20センチくらいまではここでモリモリ食べさせようと思っています。
ダトニオって20センチくらいまでは毎日食べさせても大丈夫なんでしょうか?
どの大きさあたりから食事制限したらいいんでしょう?
今は毎日キャットとカーニバルを1回5粒ずつ、1日に2回与えています。
勿論お腹の膨らみ具合と糞の確認を怠らず。

by doppuri-ei | 2011-11-22 12:19 | ダトニオ

海馬家水槽に新メンバー!

まずはお詫びを。
長い間更新が途絶えておりましたが、今日よりまたボチボチマイペースで更新していこうと思います。人気ブログからは程遠い当ブログ、読者の皆さんひとりひとりの存在はとてもとても貴重です。
これからもよろしくお願い致します。
でもボチボチ更新ですので、あまり期待しないでくださいね。暖かい目でお願いします。

そして復帰第一回目の話題を何にしょうかと考えました。
エイにしょうか、カエルさんにしょうか。
色々考えてダトニオにしました。でも決してエイを忘れてるわけではないですので、ご安心を。

1200水槽設置して、早や5ヶ月経ちました。
そしてその間に新しく海馬家に仲間が加わっています。
b0188042_4572156.jpg

本ダトニオです。
約35センチあります。
顔から背中への急カーブのこの体型、私の好みです。♪

兵庫県明石市から来たので、名前は「オクト」君にしました。
明石と言えば、タコ!
タコは英語でオクトパス。
b0188042_5121620.jpg

ただいまだに生き餌しか食べてくれません。
何とか冷凍エビだけでも食べていただきたいです。
何度も挑戦していますが、いまだに口に入れてもすぐにペッペッと吐き出しています。オクトとの根気勝負ですね。
ショート君も1年後には食べてくれるようになったので、いつか心変わりしてくれることを祈っています。今のところは餌はメダカです。

by doppuri-ei | 2011-11-14 05:50 | ダトニオ

お引越し!

フォーバー・ショートとフラワートーマンの仲良しコンビがお引越ししました。
実はフォーバー・ショートはもう1匹いるんです。
この子が2匹目のショート君です。
新居は「はむ」のいる2階水槽の隅っこです。
急遽このように仕切りました。
b0188042_1830863.jpg

今までいた60センチのガラス水槽では濾過が間に合わなくなりました。
2匹とも活発ですから、よく汚してくれます。

それにこの2匹は冷凍エビとカーニバルが大好物。
最近のショート君です。
b0188042_18483037.jpg

水合わせのとき、プラケースから何度も飛び出してヒヤヒヤしました。元気な子です。来たときは11センチ。現在12センチになりました。
そしてトーマン君もたくましくなりました。
ゆうパックの配達の遅れから一時は命を危ぶまれたトーマン君ですが、今は23センチになりました。
今までは沈下性のキャットには見向きもしていなかったのに、最近何でも食べるようになりました。まあそれはそれで嬉しいことなのですが、「はむ」部屋と同居するにはちょっとマズイです。
「はむ」に与えるキャットを大量に食べると大変なことになりますからね。

それで急遽仕切ったわけですが、作業の途中で気づきました。
b0188042_1830588.jpg

この空間・・。
ここから出てこないか・・?
b0188042_18312923.jpg

ショートがじっと見上げてるような・・・。

でもここから行き来できるとは気づいてないかもしれない。
魚だし・・そこまで知恵はないだろう・・・。♪

と思ったのが間違いでした。
ダトニオもフォーバーもお利口でした。
b0188042_18431614.jpg

入っとるやないか~い!(ヒゲ男爵風に!)
早くも「はむ」と合流しています。
それもバケツを片付けてるほんの数分の間に。

ムムム・・恐るべし!フォーバー。
しかしこの穴をどうやって塞ごうか・・。
小さいサイズのパンチング板をカットして穴に結束バンドを通して止める方法か、アクリル板をカットして穴をあけてバンドで止めるか・・。
と考えていると・・。
b0188042_18435116.jpg

元に戻っとるやないか~い!(またもやヒゲ男爵風に!)

つまり自由に行き来してるわけです。
だったら狭い空間に移動した時を見計らって「はむ」にキャットをあげればいいんです。♪
よかった~、これで苦労も報われました。
自由に行き来できた方が運動量も多くなりますし、消化吸収にもいいですしね!
「はむ」は襲ったりせず、かといって怖がりもせず、仲よく共存できています。

しかしショートとトーマンは大の仲良しです。
b0188042_1844307.jpg

以前はあんなに喧嘩ばっかりして体に傷を作っていたのに、今はこの広い水槽でもほとんどくっついて泳いでいますから。
昨日の敵は今日の友ですね!
新水槽導入まではこの状態でいきたいと思います。

by doppuri-ei | 2011-04-28 00:22 | ダトニオ

混泳開始!

昨日の11日で東北地震から1ヶ月経ちました。
「もうそんなに経ったのか」という思いと、「そんなに経ったのに地震直後と全く変わっていない町の様子」という不自然な両者のつながりに、今度の地震が如何に大規模なものだったのか思い知らされます。
自分でもできる範囲で節電と節約しています。今のところこれくらいしかできることがありませんが、とにかく頑張っていただきたいと思います。

完全復興までは時間がかりそうですが、非日常から日常に戻すことも必要かと思い、ボチボチ復活させていこうと思っています。

さて久々の記事はフォーバー・ショート君です。
もみぢとフォーバー・ショート君が一緒に暮らすことになりました。
ショート君がうちに来たのが去年の6月。
そのときの大きさは15センチ。
そして今は17センチ。
b0188042_224441.jpg

ショートですからそんなに大きくなりませんからね~。
それにショートですから、内臓奇形の可能性もかなり大ですので、餌はかなり控え目にしています。
内臓奇形を体外から窺い知ることは難しいかもしれませんが、今回ネットで掬ったとき体の真上から見て左右の太り具合(肉付き)が左右非対称であることが分かりました。
どうも内臓の奇形がもろに体型に表れているように思えます。
余計な脂肪が内臓に蓄積されないように、適度な運動&バランスの摂れた食事を心がけねばいけません。

ということで広い水槽で悠々と泳いでいただこうと、深夜1時から1時間かけて水合わせです。PHも水温も揃ったところで、もみぢの元へドボンしました。
b0188042_2244774.jpg

しかし驚きました!
ショート君が入るや否や、今までくすんでいたもみぢの体色が一瞬のうちに以前の綺麗なレモンイエローに戻りました。ショート君も鮮やかなカラーになっていますが、これは初めての環境に警戒してるからでしょう。
b0188042_2252995.jpg

ショート君は仲間発見!とばかりにもみぢのそばに寄り添っていますが、もみぢは「誰やねん、お前は!?」って感じで時々口でショート君の体を押し上げています。険悪な雰囲気ではなさそうですが、楽しそうでもなさそうです。こういう状況が1時間くらい続いて、後は寝てしまったので分かりません。
b0188042_2261232.jpg

そして翌朝。
くっついて泳いでいました。♪
もみぢもコバンザメのようにくっつかれるのがまんざらでもなさそうで、やんちゃな子供を見守る母親のようです。
でも色はくすんだ色に戻っていました。
b0188042_227438.jpg

でも必要以上にショート君が近寄ったり、急に激しく動きだすと色が一瞬にサーっとイエローに変化します。しかしダトニオの色ってこんなに素早く色が変わるんですね!カメレオンみたいです。
b0188042_228399.jpg

ショート君のお引越し場所をここに決めたのは、この子が冷凍エビ(またはカーニバルを刺した冷凍エビ)しか食べないからです。今のところキャットには全く興味なし。底へ沈んだキャットを食べられると食べ過ぎで大変なことになりますから、今のところは安心です。
でも食事中は念には念を入れて、完食まで監視しています。

by doppuri-ei | 2011-04-12 00:40 | ダトニオ