カテゴリ:カエル( 14 )

本家本元登場!

ついに買いました。
本家本元のビッグサイズになる「アフリカウシガエル」。
ついに買ってしまいました。

実は今年の2月からず~っとお腹が痛くて、クリニックに行って薬をもらっていましたが、治る気配がなく、痛み止めをやめると朝から腹痛がありました。

分かっているんです。
大腸の内視鏡を受けなければいけないってことは。
でも母が過去に2回これを受けて痛くて動けなくなったことがあり、それを目の当たりに見ているだけにどうしても決断がつきません。
かかりつけのクリニックで相談すると、「あれは痛いからね、気絶した人もいるくらいだから」と言われ、益々腰が引けてしまいました。
「それでも受けた方がいいですよ」と言われても、それを聞いた後では中々「はい、受けます!」とは決められず・・。でも相変わらずお腹は痛いし、「もしかして癌じゃないかな」と頭から離れず。

でも、思い切って行きました。
ワンの顔を見ていて、まだまだこいつらと離れたくない!一緒に過ごしたい!
単純な理由ですが。
ネットで探して痛くない内視鏡専門クリニックを探しました。
辛い思いをする分、何か自分にご褒美をと思い、結果悪くなかったらこの子を買おう!と決めていました。
結果は「案ずるより産むがやすし」。
検査の痛みは全くなく、なお且つ異常なし!
大腸は10歳若いと言われホッとしました。
そして翌日この子がやって来たというわけです。
b0188042_2384058.jpg

どうです?
可愛いでしょう!
現在11センチですが、今まで見てきたアフウシと色が違います。
このくらいのサイズになると、深緑になるはずが、この子は淡いグリーンが多いです。それにこの顔!
b0188042_231114100.jpg

アフウシにしては可愛いお目目。
ちょいと長めのフェイスも気に入りました。
b0188042_23121597.jpg

餌は何でもパクパクですが、指を噛まれないように気をつけないと。
骨が折れそうですからね。
性別はオスです。
これから毎晩鳴いてくれるか楽しみです。

by doppuri-ei | 2013-06-13 11:18 | カエル

フロッグ・ファミリーの面々!

前回のフロッグ・ファミリーの記事以降、カエルさんへの暖かいメッセージが少しだけ寄せられましたので、ちょこっとだけ紹介します。
b0188042_1594386.jpg

まずは古参のアフウシの「ウシ子」。
一番大きく、一番声が低い。
「ヌォーヌォー」って声で響きがあります。
低温の魅力、カエル界のフランク永井ってところでしょうか。
実はメスだと思って名付けたあとに、オスだと分かったのでこういう名前になってます。
b0188042_20912.jpg

次に古い子がこの子。
名前は「ウシ麻呂」。
「ウシ子」に次いでよく泣きます。
「フェーフェー」って鳴き声です。
同じアフウシなのに鳴き声が違います。
体の大きさも関係しているのかもしれませんね。
b0188042_203422.jpg

「うしの守(かみ)」です。
いつも姿勢がいいです。
まるで武士のよう、修験者のようです。
b0188042_20594.jpg

そして「おモーの方」。
お腹が一番黄色いです。
この子はかなり大きいですが、今まで一度も鳴きません。
おそらくメスでしょうね。

ということでアフウシの紹介でした。
皆さんはすべて同じに見えるでしょうね。
でも性格は皆違うんですよ。
カエルでも個性があるんですね。
でも感触は皆羽二重餅。マシュマロのようですけどね。

おっと、もう1匹忘れてはならないフロッグが!
ツノガエルの「ブビラ」です。
b0188042_303238.jpg

私にとって、「アルプスの少女ハイジ」のヨーゼフのような存在です。
そして食欲旺盛で指をも齧る勢いです。
そこがまた可愛いですよね。
夏は枕元に置いて一緒に寝ています。
ブビラの鳴き声を聞きたいので。
安眠できますよ~。グ~グ~zzzzz。

by doppuri-ei | 2013-02-17 23:52 | カエル

フロッグ・ファミリー!

カエルが増えています。
私が一番好きなカエルさんはクツワアメガエルなのですが、樹上性のカエル飼育は私にとってはハードルが高く失敗の連続です。貴重なカエルだというのに、今まで2匹死なせてしまいました。

そこで地上性のカエルに目を移すことにしました。
地上性のカエルで一番好きなのが「ドワーフ・アフリカウシガエル」!
小型の「アフウシ」です。
触った時の感触が、羽二重餅のようなマシュマロのような柔らかさなんです。
b0188042_4131161.jpg

一昨年まで2匹だったのが、去年また2匹増えて4匹に!
元々いるツノガエルも加えて総勢5匹のフロッグ・ファミリーになりました。
写真は一番古くからいるアフウシの「ウシ子」。
何故かいつもこの状態。
ナースのような。
修道女みたいな。
こういう顔大好きです。
b0188042_354763.jpg


カエルの存在を感じるのは深夜。
寝静まった家の中に、アフウシの鳴き声が響きます。
夜寒の中トイレにいると、「フェーフェー」って声が聞こえます。
1匹鳴くと、つられて他のアフウシも鳴きだします。

風情があります。
芭蕉の世界。
「いとをかし」の世界です。
そこで一句。

ウシの音に 思わず長居 風邪を引き
夜中のトイレは冷えますね~。ハークション!

餌は1週間に1回、パックマンフードなので助かります。
b0188042_4123547.jpg

しかし、時々こういう奴も与えます。
あんまり気持ちいいもんじゃないですけどね。

by doppuri-ei | 2013-02-10 04:14 | カエル

鬼やらい・・!

今日は節分です。
正式には今日年が変わります。
b0188042_23341481.jpg

節分と言えば「豆まき」が定番ですが、私は豆が苦手です。
ピーナッツを10粒食べたけで、1週間体調を崩してしまいました。
そんな私の節分のお楽しみは、「海苔巻きの丸かぶり」です。
忠実に恵方に向かってかぶります。
いいということはしておこう!という主義です。
寿司業界の宣伝であろうが何であろうが、気にしません。
大好きなお寿司を食べる機会を1回多く得られるので感謝しています。

カエルもビッグサイズ海苔巻きを食べています。
これにはミミズもアゴを外してビックリです。
b0188042_23254986.jpg

さて、今日はうちのカエルさんについてです。
2匹いるドワーフ・アフウシの1匹がオスと判明しました。
b0188042_2330583.jpg

このカエルさんが来たのは去年の6月くらいでした。
窮屈そうな状態で届きました。想像していたよりも大きいと感じました。
すぐにプラケースに移しましたが、終始この逆立ちポーズです。
疲れないかな~と態勢をもどしてやってもすぐこのカッコに戻っていました。
b0188042_2326201.jpg

そのカエルさんの鳴き声が夜中に聞こえました。
ケロッケロじゃないですよ。
形容が難しいんですが、ゲゲゲ・・・って感じですかね。
まだ8センチ足らずなのにもう鳴いています。
おかげで賑やかな部屋がますます賑やかになっています。

by doppuri-ei | 2012-02-03 20:28 | カエル

フロッグ新居届く!

カエルさんの新しいお家を買いました。
特価で買った安価なケースを長年使っていたので、底がひび割れてきました。
それに新しく家族になったクランウェルの「ちょび」には今までのケースでは窮屈かなと。

そこでいつもカメの飼育ケースでお世話になっている「ウェイブクリエイション」さんにお願いして、販売サイズよりも小さめで作っていただきました。
b0188042_119289.jpg

これです!
奥行き22センチ、横・高さは18センチです。
これなら大きくなっても大き過ぎず狭過ぎずで、いいサイズだと思います。
蓋はパンチング・ボードの引き出し式で、飛出し防止として手前の段差にはまるようになっているので安心です。
b0188042_1203421.jpg

早速入れてみました。
底に敷いてあるのは、ウールマットです。
カエル飼育を始めた当初は人工芝を敷いたり、スポンジを薄くスライスしたものを敷いたり腐葉土を入れていましたが、これが清潔で一番いいと思います。それにお魚用にいつでもキープしてありますから慌てて買いに走ることもないですしね。
b0188042_1212584.jpg

隅っこで緊張気味のちょび。肩(?)に力が入ってますね~。
でも心なしか喜んでいるようにも見えますが、気のせいでしょうか。

そしてもう1匹。
こちらはドワーフ・アフリカウシガエルの「梵天丸(ぼんてんまる)」です。
伊達政宗公の幼名から拝借しました。でも独眼竜じゃないですよ。
この子もお粗末な百均の昆虫飼育ケースに暮らしていましたが、今日からノビノビ、ヒロビロです。
b0188042_122532.jpg

アフウシといっても、この種は小型なので、生涯ここでOKでしょう。
ただ今のところ生き餌しか食べないのがちょっと困りものです。
b0188042_123565.jpg

一時期は20匹くらいいたカエルさんも、今や4匹で落ち着きました。
というのが水槽の上に4つしか乗らないんですよね。
電気代節約のためプレートヒーターを使いたくないので、魚の蛍光灯の余熱をいただいてますので。
一石二鳥です。♪

by doppuri-ei | 2011-12-19 01:29 | カエル

またもやカエル登場!

クランウェルツノガエルです。
カエルはいいですね~。
見るとついつい欲しくなりますもん。
まあ私だけでしょうけど。
b0188042_7311148.jpg

この子は鼻の下に2本のラインがあるでしょう?
これが気に入りました。
それに顔も長いですし。
ニョキッと出た太い二の腕(?)もエエ感じです。

このチョビ髭、
チャップリンのチョビ髭みたいにも。
おやじ姿のカトちゃんみたいにも。
はたまたナチスドイツのヒトラーにも見えます。

ということで名前は単純に「チョビ」にしました。
しかもこの子はオスらしいです。
待望のオスです!

今うちにいる子はすべてメス。
なので全く鳴きません。
まだ薄暗い明け方に、静寂の中をグウェーグウェーとカエルの鳴き声が響くと、日本っていいなあ~とか我が家っていいなあ~と感傷的になり、田んぼでカエルを追っかけた昔の風景を思い出して懐古的にもなり、今日も1日また頑張るぞ~!って前向きにもなれるんですよね。
恐るべしフロッグパワー!
まあ私だけでしょうけど。

というわけでカエルの鳴き声を聞きたい!
環境に慣れて早く力強い声で鳴いてもらいたいです。

by doppuri-ei | 2011-11-18 23:50 | カエル

出会いの季節・・!

春です。
卒業・入学シーズンです。
別れもあります。
しかし出会いの季節でもあります。

ということで新しく家族が増えました。
一目惚れです。
あどけないクリクリ眼、眼の上のピンと立ったツノ、耳(?)まで裂けた愛嬌のある口、いつも笑ってるような表情豊かな顔つきなどなど。
とにかく私好みです。幸せを運んでくる福の神のような雰囲気を漂わせています。まあこんなに可愛い子はめったにいない!と私は思ってます。♪
そう思えるから買えるんでしょうけど。

そして今日届きました。
可愛らしい小さな箱!この中にいるんですね~。♪
b0188042_1221596.jpg

ドキドキしながら蓋を開封。
オオッ!!プリンカップの中の何と凛々しいお姿!お目目がカバっぽいですね。
b0188042_1225585.jpg

そして早速予め用意した新居にお入りになられました。
新居サイズは直径25センチ、高さ22.5センチの円柱アクリルケースです。
パンチングボードの蓋つきですので、脱走の心配もなく安心です。♪
ここはどこだ?って感じで、足場を踏みしめて確認しておられます。
b0188042_1233974.jpg

今日からこの子の新しい人生(?)のスタートです!
快適に暮らせるよう飼い主として頑張らねば!

アップの画像をご覧ください。
これです!
b0188042_1281218.jpg

ショップの画像はこちらになります。
この姿に一目惚れしました。
b0188042_23302155.jpg

ファンタジーツノガエルです。
アマゾンツノガエルとクランウェルツノガエルのハーフです。
この子は風貌からアマゾン寄りです。

そして実際対面して、更に可愛さアップです!
写真よりも可愛いです。

名前も決めました。
「みこと」です。
天皇の「詔(みことのり)」、)ヤマトタケルノミコトの『みこと』です。
ちょっと神々しすぎかな。名前負けしそう。
「みこと」は年中快適な水槽部屋で暮らすことになりますので、常に25℃前後で環境は悪くないと思います。
ただまだ環境に慣れてないので餌をお食べになるかどうか・・。
理想はパックマンフードを食べていただきたい!
理由は栄養面と手間がかからないので。
そして贅沢を言うならば、♂であればなお言うことなし!
カエルの鳴き声が大好きなんですよね~。夜中家中に響き渡るカエルの合唱を聞くと、家の周りに畑や空き地がいっぱいあって、虫捕りに行って網振り回してた子供の頃を思い出します。
つくづく昭和っていい時代だったな~って思いますね。

まあ何はともあれカエルが1匹増えました。
そしてまた楽しみが1つ増えました。♪

by doppuri-ei | 2011-04-29 12:10 | カエル

もう冬支度・・?

海馬家のカエルさんです。
そろそろ動きが鈍ってきました。
部屋の気温は27℃なのになぜ・・?って思うんですが、動物は敏感に季節を感じてるんでしょうね。

でも1週間に1度の餌の後は思いっきり鳴いています。
風流で中々いいもんです。
b0188042_17898.jpg

雨の降る前には鳴くと言いますが、最近雨でも台風でも鳴かなくなりました。
飼われて久しいので、野生が抜けて家畜化されてきたからでしょうか。
野生を忘れてしまったようです。

by doppuri-ei | 2010-10-14 01:05 | カエル

そろそろ春ですか・・?

うちのツノガエルの紹介です。
グリーン系のクランウェルツノガエルです。

冬の間はじ~っと動かずでしたが、そろそろ春の気配を感じているのか、モゴモゴと動き始めています。
ということで飼育ケージも新しくしました。
アクリル水槽、腐葉土、水苔、そして温度計。
これらすべて100円で揃えました。
100均を回れば結構いいものが手に入りますね!

まず底に腐葉土を敷きます。大体の厚さ7センチ。
これだけ敷けば、カエルの排泄物を細菌が処理してくれるので、頻繁に土を交換しないですみます。
その上には水苔。
水をたっぷり含ませます。カエルは腹部の体表から水分を吸収しますから。
含ませすぎても、下の腐葉土へ水分が降りていきますからちょうどいいわけです。
これで1日1回霧吹きすればOKです。
温度は25度前後をキープしています。
b0188042_1164866.jpg

こんな感じです。
中々快適なご様子で、入れるとお好みの位置を見つけて、後ろ足で穴を掘り、そこに埋まって顔だけ出しています。このカエルは体の半分顔ですからね。

そしてこのカエル君のご飯はといえば、ブログを通じて春治さんから教えてもらったパックマンフード。
今までの冷凍マウスでは消化不良になりやすく、かといってコオロギを飼育するのはかなりの抵抗が・・。
コオロギが逃げ出して壁にへばりついてる姿なんてまさにゴキブリそっくり!
コオロギ飼育ケースを開けたとき、数百匹の黒い集団が一斉にガサゴソとうごめく様子は・・寒気がします。

しかしこれはいいです!
食べる分だけ水で練って与えます。
さすがパックマンと呼ばれるだけあって、目の前で動かすとすぐにパックと食いついてくれました。
よかった!これで飼育も楽になります。

まあこれを1週間に2回くらい与えます。
くれぐれも与えすぎに注意して。
b0188042_118550.jpg

カエルは可愛いですね~。
ちなみにこのカエル君の名前は「お染」です。
綺麗にグリーンに染まっているので。
泣かないのでたぶん♀だと思います。
次に♂を買ったら、「久松」になる予定です。
心中物になっちゃいますけど・・。縁起悪いですかね。

by doppuri-ei | 2010-03-17 01:22 | カエル

またもや新入りデビュー!

最近エイの話題から遠のいています。すみません・・・。
といいつつ今日もエイ以外の話題です。

新しく家族に加わった「アプリコットツノガエル」です。
京風に、演歌のステージのようなセットで撮影してみました。
性別はまだ鳴くような大きさでないので不明。
大きさは僅か3センチです。
ちっちゃい~です。
b0188042_21551162.jpg

このカエル君、ナント価格が1円でした。
どうも生まれつきの異常のせいか、カエル独特のポーズでお座りすると、体が斜めに傾きます。
それで1円だったんでしょう。
何だかこういう欠陥カエルを見ていると、同情しちゃいました。
誰にも見向きもされず、死んでいくんじゃないかって。
それなら「自分が立派にしてやるぜ!」と変に意気込み、その結果買っちゃいました。

家に帰って、熱帯魚用のウールマットをカットして水を含ませ、そこにそっと置いてやると、行儀よくきっちり正座しています。ノドも鳴らしたりして可愛いです。
この子は人間で言えば鼻の下が長い個体で、私のお気に入りです。
手がちょっと変かなって感じですが、まあそこそこキッチリ座っています!

そして夕方。
我が家での初めてのディナーです。
体に合わせて小さめの餌コオロギを1匹目の前に置いてやりました。
コオロギを見るや否や一瞬でお口の中へ。
健康であるようなので、安心しました。
体の傾きなんて、個性、個性!
立派な“傾きカエル”にしてやろうと思います。
ちなみに名前は「リーン」にしました。
lean:「傾く」という意味からです。
また時々友情出演させますので、お見知りおきを。

by doppuri-ei | 2009-10-18 21:55 | カエル