<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

石巻貝も必死!

一度ひっくり返ると自力では起き上がれない石巻貝。
気づいたときはヨッコラショ!とシュリンプ用ネットで起こしてやりますが、気づかなかったら餓死しちゃいます・・。

下段の水槽はエイがいるので、たとえひっくり返ってもエイの体に触れることで起き上がれることも多々。
でも上段の水槽にはまだエイがいない。
ガーのみなので、起こしてくれるものがいないです。
なのでひっくり返るとそのまんま。

石巻貝も必死です。
何にでもしがみついて起きようとしています。

水中蛍光灯のラベルがはがれて底に落ちていました。
それにしがみついています。
この数分後、この石巻貝は起き上がれました。
貝も可愛らしいものです。
b0188042_19154682.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-30 01:25 | その他

便利!ランディング・ネット

エイを掬う機会はそんなに多くないです。
でも移動するときは絶対に必要。
今まではごく普通のネットを使っていました。

するとエイの棘が引っかかるんですよね。
エイの棘には返しがついているので、一度ひっかかると中々はずれません。
仕方なく、ネットを切ってました。

ある日何となく釣具店をのぞくと、そこに便利なものが!
『ランディングネット』です。

ネット部分がゴムで出来ていて、しかも目が粗い。
これならエイの棘も引っかからないだろうと思い、即購入しました。

ある日エイの体にできた変なイボをウオジラミでは・・?と思い、
このネットで掬い上げて確かめてみることにしました。

結果イボだったのですが、このネットの使い勝手は最高です。
軽いし、棘が引っかからないし、それに伸縮自在で収納も便利。

もっと早く知っていれば、お金を無駄にせずにすんだものを・・。
こういう飼育道具を工夫するのも、飼育者の楽しみの1つですね。
b0188042_0231351.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-29 00:23 | その他

水槽全体!

いつもお魚のアップばっかりなので、今日は水槽全体の写真を載せてみました。右手の机の上が汚くて、スミマセン。
2段水槽でサイドオーバーフローです。濾過槽も2つあります。

はじめこの水槽を見たときは「大きい!」と驚き、セットしたあともその迫力に圧倒されました。
でも今は慣れました。慣れって恐ろしい・・。
お客さんが来てこの水槽を見たら、ほとんど皆ビックリしているというのに
「そうかな?水槽ってこれくらいの大きさでしょう」と思っている自分が怖い・・。

上段にはまだエイは入っていません。
もうそろそろ入れようと思っています。故障のPHモニターさえ直れば。
ガー2匹のみで寂しいです。
このガーも勿論フロリダ・スポッテッド・ガーです。
「ガー子」と「ガー太」です。
ただ「ガー太」がフロリダっぽくない。
お前本当にフロリダなのか?と怪しんで見ている毎日ですが、まあ元気なんだから何でもいいでしょう。
ウオジラミでは生死を共にしたガーたち。大事にしています。

そして下段はエイのいる水槽です。
ここにはガー助もいます。

水槽の詳しい写真は以下のURLから見れます。
左欄のリンクにある「マコト工芸」さんに作っていただきました。いい水槽で大満足です!
でもまた新たなる欲望が・・。
http://www.acryl-suiso.net/hpgen/HPB/entries/13.html


b0188042_21532569.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-28 01:10 | 水槽

スペシャル・マンチャはマイペース!

まだまだおチビのマンチャ♀です。
♂のマンチャにかぶさられていつも劣勢かと思いきや、朝見ると♂がほんの少しだけ齧られている・・。
あんまりしつこいので、反撃にでたもようです。
なかなか根性ありそうだ。

ただ餌のときちょっと遠慮気味で、♂に負けている感じ。
大きめのキャットだと、口の中でモグモグしている時間が長くて、その間に♂に食べられてしまっています。
なので小さめのミニキャットを主体に与えています。これなら水に入れたとき散ってくれるので、どこにいても餌を見つけやすい。それに口でモグモグする時間も短くて済むので。


この花柄がどう変化するか楽しみです。
ゆっくり大事に育てていきます。
b0188042_7501612.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-27 00:16 | 淡水エイ

エイの壁昇り&波乗り

手前の壁昇りをしているのがハイブリの♀、後ろで波乗りしているのがポルチャの♂です。
なぜか夜になると盛んに壁昇りをはじめるハイブリ。
1日中波乗りに興じるポルチャ。

お互い楽しむ世界が違うようです。独自の世界を持っています。
自然界のように「住み分け」とまではいきませんが、生活空間が異なる時間があることで喧嘩も防げるのかもと思っていますが、どうでしょう・・。

「古代魚・大型魚」という餌ですが、後ろの説明に海藻成分が含まれていると書かれています。
それが粘膜を保護してくれるというので、エイたちの体表面保護の目的で餌に混ぜて与えています。

不思議とこの餌を与えると♂が♀をガジガジ齧っちゃうんですよね。
2ペアとも同じことが起こるので、ただの偶然ではないかも。

粘膜保護のために与えたいし、齧る癖が常習になると困るので与えられないし。
痛し痒しです。
気が向いたときにほんの少しだけ与えています。
b0188042_0495310.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-26 00:59 | 淡水エイ

セブンスポット・アーチャーフィッシュ

エイ以外にアーチャーフィッシュがたくさんいます。
私にとってアーチャーフィッシュは思い入れのある魚です。

子供の頃、デパートで本物そっくりの生き物のプラモデルが売られていました。
カマキリやバッタや・・その中にアーチャーフィッシュもありました。
その時分は「鉄砲魚」と呼ばれていました。

それが気に入って買ってもらいました。
家でセッセと組み立てて、出来上がったアーチャーフィッシュは見事とはいえないまでも、子供心にとても嬉しくてずっと眺めていました。

昨年そのアーチャーフィッシュとお店で運命の出会いが!
あの憧れだったアーチャーが水槽の中を泳いでいるんです。かなり興奮しました。水槽の前に1時間いました。
買おう!飼おう!と思ったのですが、見ると「汽水域・・」とあります。
純淡水では寿命が短いと。
飼育も難しいらしいので諦めました。

でもネットで純淡水で飼育できる「セブンスポット・アーチャーフィッシュ」がいると発見!
すぐに5匹購入。
うち3匹は水質の異常で3日で☆に・・。
でも残りは今も元気です。
5センチだったのが今は10センチを越えています。

そして今は総勢9匹のアーチャーフィッシュ!
このややしゃくった口が可愛いんですよね。
b0188042_13385622.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-25 13:47 | アーチャーフィッシュ

ポルチャ&ハイブリッドのペア

下段水槽にいるポルチャ♂と黒系ハイブリの♀です。
ポルチャはうちに来て約8ヶ月経ちました。
来たときは黄色に近い色でしたが、段々黒っぽくなっています。
♂だけど、今のところ性格は大人しい方かな・・。
ここのところメスの噴出孔を少しガジガジしていますけど。
大きさは25センチくらいです。

♀は22センチくらいです。4月末に家族の一員になり、はや2ヶ月。
♂のようにヒラヒラと遊泳はしませんが、壁昇りが得意技。
そのときにお腹のチェックをします。怪我してないかなとか、寄生虫がついていないかなとか。勿論表側もチェック。

眉間に茶色い突起があったときはビックリでしたが、掬い上げて見てみると、寄生虫ではなくヤレヤレ。どうやら体表にできた尻尾の棘でした。いちいちドキッとしてしまいます。反応しすぎかな・・?
エイも家族ですから、大事に育ててやりたいです。
b0188042_1740401.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-24 17:01 | 淡水エイ

でっぷり!フロリダ・スポッテッド・ガー

下の水槽にいるフロリダ・スポッテッド・ガーの『ガー助』です。
普通のスポッテッド・ガーよりも綺麗になる個体が多いと聞いて、フロリダにしました。
下段の水槽の栄えある入居魚第一号はこの「ガー助」です。

うちに来たのは4月初め頃。
神戸のお店から来たガー助を水槽に入れたときは、その小ささにビックリ!
”爪楊枝”サイズなので、1800の水槽のどこにいるのか見失うこと度々。
そういうときは、大体水中蛍光灯の裏側にプカプカ浮いてます。

不況だろうが何だろうが、♪なるようになる~♪って感じでノーテンキのマイペース。
いいキャラクターです。

でもず~っと餌はキョーリンのスーパーシュリンプのみ。
こればかりじゃ栄養が偏って、いつか猫背になってしまう。
猫背のガー助にさせないためにも、何とかカーニバルを食べてほしい・・と思っていたら、21日急にカーニバルを食べてくれました。

エイの餌のモンスターを口に入れたのを見て、もしや・・!と思って入れてみたんです。
ホッとしました。
カーニバルとアロワナスティックを問題なく食べています。
でもシュリンプも与えています。
あの”爪楊枝”が、今や25センチになりました。
b0188042_22185168.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-23 22:37 | ガー

セパレーターを越えて・・

朝見ると、右のスペースにマンチャ♂1匹のみ。
上で波乗りでも・・と見るといない。そして左のスペースに3匹いる。

一番チビ助のマンチャ♀がセパレーターを乗り越えて左に移動したようです。
何でまた、そんな危険エリアに自ら・・。

左のエイたちは性格は大人しいのでいじめたりしないと思ってはいますが、何せマンチャが小さすぎるので用心するのに越したことはありません。

どこか噛まれていないかと見てみましたが、無傷。ホッとしました。
試しにこの状態で餌を与えてみました。
するとやっぱり!大きなエイたちが優先的に食べてしまうので、チビマンチャが気づいたときは餌は食べつくされたあと。
しかもドッカと上からかぶさってこられて、「前が見えない、前が見えないよ~」状態に。

朝食後水槽を見ると、チビマンチャは元の右に帰っていました。
もうこりごりでしょうか。
何か怖い思いをしたのかな?
b0188042_2493716.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-23 02:57 | 淡水エイ

ハイブリエイ

4月末にうちに来たハイブリッドエイです。
このエイの成長ぶりはすごいです。
初日は緊張のせいかキャットしか食べなかったものの、翌日からはモンスターをパクリ!
最近は一緒にいるポルチャオスの影響で、大型魚・古代魚も食べています。

そのため以前は明らかに違っていた2匹の大きさが近づいている!ええこっちゃ!壁昇りも盛んにやっている。
ボチボチでいいので、健康に育ってほしいです!
b0188042_5561025.jpg

by doppuri-ei | 2009-06-22 06:00 | 淡水エイ