<   2009年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

北米淡水カレイ デビュー!

北米淡水カレイが欲しいなぁ~と思ってまだ1週間も経っていません。
ネットで聞いてもsold outだったのでまぁいつでもいいかと思っていました。

それが昨日連絡が来て、育成中の個体を2匹譲っていただけることになりました。
トントン拍子に話が進んで、そして今届きました!

カレイも水質に敏感らしいので、慎重に水あわせをします。
エイほど時間はかけませんが、まあそこそこには。
エイとは違って、こじんまりした水合わせです。
45センチのアーチャー水槽の前に、カレイを入れた昆虫飼育ケースを置いて水合わせ中です。

大きさは約3センチです。
ショップの方も気を利かして、濃い色の個体と淡い色の個体を入れてくれています。
どっちもチョコチョコ泳いで元気です!
ただこの泳ぎ方、どこかで見たような・・。
そうだ!5月にうちの水槽で発生したあの憎い「ウオジラミ」にそっくり!色も似ている・・。
嫌なこと思い出しちゃいました。

将来的には15センチにまでなるので、まだまだチビすけです。
可愛いです。
餌は冷凍アカムシを食べていたので、その点は楽そうです。
b0188042_11325980.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-29 11:40 | 淡水カレイ

マンチャ姉妹との意外な出会い!

今日はマンチャ♂の写真です。
アップでいい写真が撮れたので載せてみました。

小さなスポットも出てきていい感じになってきたんですが、どうも最近♂特有の性格が顕わになってきています。♀のマンチャを齧ることです。

でもこれに関してちょっと不思議な発見がありました。
キャットのみを与えていると齧り方がしつこいです。執拗に追い掛け回しています。
ところが餌をキャット:モンスター=1:1にするとあまり齧ろうとしません。

その1:1も先にキャットを与えて、最後の締めをモンスターにするとそれが顕著に現れます。
勝手に想像するのですが、人間でも肉食主義の人はポジティブで、菜食主義の人はネガティブっぽい感じを受けますよね。
ということはキャットのほうが動物性蛋白質が多く含まれているんでしょうか?

と思って成分を見てみたら粗蛋白、粗脂肪について「~%以上」の表示なのではっきり分かりませんが、何となくモンスターの方が多そうです。
予測が外れました。
ただの偶然なのか、これ以外の要素が関係しているのか・・。

そして今日驚きの出会いがありました。
同じ水槽にいるスペシャル・、マンチャの姉妹を飼育している方とネットを通じ会えたんです。
世間って広いようで狭いですね。

よく似ていますね。それに成長速度まで同じでした。
さすが姉妹です。

いつも思うんですが、エイの飼育者って石川県に多いのは何故かな?って。
水がいいのでしょうか。それとも偶然なのか。
大阪はそんなに多くないと思います。
それにうちの地域はあまり水はよくないですし。
今買いに行っているお店ではエイ飼ってるのは私だけみたいで、1回行っただけで即覚えられましたから。
ポツンと孤立してる感じなので、いつもネットの先輩エイ飼育者の方に助けてもらっています。
べテラン飼育者までの道は険しいですね。
b0188042_22114918.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-27 22:11 | 淡水エイ

北米淡水カレイ!

アーチャーフィッシュが2匹いる水槽の底が寂しいな~と思っていたら、偶然キャットを買いに行ったお店で「北米淡水カレイ」なるものを見てしまいました。

平べったい・・。
エイに似てる・・。
お目目もエイにそっくり・・。
そう思ったら欲しくなりました。

ちょっと無愛想な店員さんに「ください」と言うと、売約です!と返ってきました。
入荷してたった1時間で売約だったらしい。
今カレイが人気だそうです。

冷凍アカムシを入れると、モゾモゾって感じで寄ってきて、かぶさって食べてます。正しくエイそっくり。
それに口の周りに毛が生えてるんですよ。

でもまあ売れたんだったらしょうがないと帰ってきましたが、やはりあの顔が忘れられず、ネットで検索してみました。
でもいない。どこを探してもsold outです。
そうなると益々意地になってきますね。絶対探し出してやるぞ!って。
でもいません。
ちょっと前にはオークションで見かけたことが何回もあるんですが。
カレイって水槽内では脇役だと思うんですが、結構人気あるんですね。

ってことで入荷したら教えてもらえるように頼みました。
北米淡水カレイは30センチにまで成長する南米淡水カレイとは違って、最大15センチくらい。
しかも白点病になりやすいカレイの中にあって一番飼育しやすい種類とか。
それに南米淡水カレイは小魚を食べるので大きさによってはアーチャーが危険です。でも北米淡水カレイは魚を食べる習性はほとんどなく、冷凍アカムシでOkだそうなので。


大きな水槽に移動してからのことを考えています。
上にアーチャーが泳ぎ、底には淡水カレイがいる風景。目を閉じると浮かんできますね~。
ウムウム・・、なかなかいいじゃないかなと。

つらつら思うに、私は平べったいものが好きみたいです。
それに海水魚としてメジャーなんだけど、実は淡水にもいるんだぜ!って奴が。

カレイとヒラメは見ても食べても最高です。
特にお刺身が大好きです!
当然この子は食べませんけどね。
うちの水槽にカレイが泳ぐ日も近い(?)です。
b0188042_51933.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-26 04:39 | 淡水カレイ

大きくなったビヨンド!

どっぷり頭のてっぺんまでエイの世界に浸かり、今や溺死寸前です。
浸かるならトコトン浸かってやろうじゃないか!って感じですが。
先生が言っています。「何事も中途半端じゃ楽しくない」と。
そうです!徹底するから面白いんですよね。

ビヨンドですがうちに来て早いもので25日経ちました。
この仔の食欲には驚きです。
25センチのマンチャの「はむ」と同じくらい食べています。
そんなに食べて大丈夫か?と言いたいくらいに。

当然食後は背中がこんもり盛り上がり、人間ならビール腹の親父が爪楊枝をくわえて、シーシー言ってる状態ですかね。
そのせいか3センチも大きくなりました。
厚みも出てきましたね。

餌を与える前にアクリル面をコツコツ叩いているので、最近はそばに行くだけで寄ってきます。
これがたまらないんですよね~。
甘えているような、なついているような。
「魚は人に慣れることはあっても、なつくことはない」と爬虫類研究の千石先生は言われてますが、真実はどうであれ飼い主がそれで自己満足してればいいと思います。


模様にも少し変化が出てきました。
スポットが鮮明になってきたことと、中央の大きなスポットの中に更にスポットが出てきました。
この仔は普段水槽の奥にいるので、模様の変化がよく分からないんですよね。
今日前方に出てきたので観察すると、オオッ!て感じです。
これがどうなっていくのかミステリーです。

b0188042_0425560.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-24 23:01 | 淡水エイ

純血ダイヤモンドポルカ♂!

言わずと知れた「ダイヤモンドポルカ」です。
♂です。
まもなく仲間入りします。
エエッー!って声が聞こえてきそうです。何匹買いますねん!って声が。
宝くじも買っていないのに、臨時収入があったわけでもないのに買ってしまいました。

ホントはもっともっと早く届くはずだったんですが、家の工事やら犬舎の購入やらで急にお金が要ってしまって・・。
お願いしてず~っと預かっていただいてました。
この場を借りてお礼とお詫びを申し上げます。

綺麗なダイヤです。勿論純血のダイヤです。
ショップではこういう綺麗な個体はまずいないですね。

でもさすがダイヤ。
購入まではさすがに迷いに迷いました。
私に飼育できるかなとか、もし☆になったらどうしょうとか。
やめようかな~買おうかな~と。

でもやっぱり1匹は欲しいダイヤ!
同じ買うなら信頼できるブリーダーさんから買ったほうが安心です。
エイブリーダーで国内外を通じて有名な方ですので。
清水の舞台から飛び降りました。

今15センチくらいになっているでしょうか。
大事に大事に育てていきます。
緊張するだろうな・・水合わせ。

上段の水槽に入る予定です。
♂はダイヤのみ、♀はマンチャと花柄ポルチャの2匹。
どの組み合わせでも、素晴らしいダイチャが生まれると思います。
まあ生まれれば・・ですけどね。

もうこれでエイは打ち止めです。
これで役者は揃いましたので、あとは飼育とブリードを楽しみます。


しかし何でこんなにエイにのめりこんだのか。
自分でもよく分かりませんが、完全に首まで浸かっています。
のめり込んだらこんなもんでしょうか・・。
b0188042_4254583.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-23 02:51 | 淡水エイ

しゃくれアーチャー!

14匹いるアーチャーの中でこのアーチャーだけです。
下顎が上顎よりもかなりしゃくれているのは。
なので、名前は「シャクレ」です。
そういう理由からこのアーチャーにだけ名前がついています。

何故なのか、水槽の壁に口をぶつけているうちにこうなったのか、元々の遺伝子のなせる業なのか・・。
ただ底のキャットやアカムシを食べるときは不自由していますね。

下顎が邪魔で食べれないようです。
体を斜めにして、横から食べようとしてますが、中々口に入らず。
3回に1回くらいで成功しています。
b0188042_115188.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-22 01:16 | アーチャーフィッシュ

2センチ成長!

今日測ってみると、花柄ポルチャの「ビヨンド」が2センチ大きくなっていました。
現在14.5センチ!
うちへ来てまだ20日くらいですが、よく食べてよく動いているせいで、元気いっぱいです。
背中もこんもり盛り上がっています。

この2匹の仲は♀同士のせいか、まあうまくいっているようです。
セパレーターで仕切っているのに、なぜかいつも一緒にいます。
ビヨンドがこまめに左右を行き来してますが、ほとんどマンチャの「はむ」のそばにいますね。


餌のときはお互い必死ですので、そばに来るチビのビヨンドに威嚇してますが。
ビヨンドは体の割りに大食漢なので、成長は早いです。

でもこうして写真で見ると7月末には大きさに明らかな差があった2匹ですが、ちょっと近づいている気がします。20センチくらいまでは成長が早い気がします。
20センチを越える頃にはどんな風になっているかな~。
立派な花柄になってるでしょうね。
b0188042_21182290.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-21 06:30 | 淡水エイ

今月のスペシャル・マンチャ!

花柄が増えてきたスペシャル・マンチャです。
かなり派手になっています。
ただ最近マンチャ♂が体盤の縁をガジガジ噛むんですよね。
なので嫌がってしょっちゅう壁昇りしています。

セパレーターで仕切っているのでお隣に移したんですが、やっぱりこっちに戻ってくるんです。
噛まれてもここがいいんでしょうか・・。

餌はキャットとモンスターですが、♂がモンスターはあまり好きじゃないです。
食べる速度は大きい♂の方が速いので、♀が遠慮気味です。
なのでキャットを十分に与えて♂のお腹を満腹にしてから、更にモンスターを入れています。
それには♂は見向きもしないので、♀が独占できますからね。

大きさの差は現在2センチ。
この2センチ差が大きいんでしょうか・・。
餌をたくさん食べて♂以上に大きくなれば、対等な立場になれるかもと思っています。
でも♀は齧られる運命にあるので、ある程度しょうがないのかもしれないですが。
でもできるだけこの綺麗な模様を維持していきたいです。
b0188042_0152846.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-20 00:23 | 淡水エイ

キリン柄のガー助!?

今日はちょっとリッチでした。
というのもオークションで商品が売れたからです。
入ったお金で何を買うかといえば・・。
もちろんエイの餌です。

ちょうどストックのキャットをきらしてました。
それにデジタル水温計も壊れていて、何があろうとずっと27.8度のままです。
キャット2袋、ガー用のカーニバル、水温計それに犬のおもちゃも・・と欲張っていたら6000円越えちゃいました。気を緩めたら使いすぎてしまいますね。

ところで今日はガー助が主役です。
この背中の柄、キリン柄かなと思っているんですがどうでしょう?
雑誌のガー特集で見たキリン柄のガーとそっくりなんですが。

でもキリン柄ってそうめったにいないんですよね。
そんなにめったにいない希少なガーがうちの水槽に泳いでいるわけがない。
でもキリンのような気もしますし・・。
b0188042_2114722.jpg


ガー助にカーニバルをやるとき、絶対数個は水槽の壁側にへばりつくんですよね。
それを不自由そうにあの長い口でカパっと食べるんですが、そのとき歯が当たってるみたいなんです。
昨日水槽を見ていたら、ガー助がカパっとやるところだけキズついていました。
 
エイがしょちゅう壁昇りするところもキズがつくらしいですが、ガー助の歯も原因になるんですね。
まあ長年使ってれば傷もつくでしょうが、あまり醜くならないようにしていただきたいです。
アクリルが不透明になっちゃうと、君たちの観察ができなくなりますので。

by doppuri-ei | 2009-08-19 21:14 | ガー

今月のポルチャ!

ポルチャもついに30センチになりました。
来たときは黄色っぽい色だったのが、いまや焦げ茶になっています。
大人っぽくなりました。
貫禄あります。

スポットの周りに薄っすらとリングが現れ始めています。
これはどうなっていくのやら。
綺麗なリングになってくれればなお嬉しいです。

性格はいたって大人しいです。
体盤を齧ったことはないです。その代わり時々ハイブリの鰓をかじっていますが。

好きなことは波乗りと石巻貝を齧ること。
おかげで150匹いた石巻貝は、たった2匹になってしまいました。
追加を買うべきか・・悩んでいます。
100匹の貝を入れても、たった2週間で約半分になってしまいます。
空っぽになった貝が底に転がっているだけです。

苔さえ生えなければこういうことで悩まないでいいんですけどね。
アーチャーの水槽は苔の生え方が遅いですが、この水槽はメチャクチャ速いです。
富栄養化が進んでいるのでしょうか。
b0188042_623155.jpg

by doppuri-ei | 2009-08-17 06:23 | 淡水エイ