<   2009年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今年1年のご挨拶!

今年最後の水質チェックです。
(上段水槽)
PH7.0 アンモニアゼロ 亜硝酸ゼロ KH1 GH7 水温約28.5℃
導電率349μS(マイクロジーメンス)

(下段水槽)
PH7.1 アンモニアゼロ 亜硝酸ゼロ KH1~2 GH10 水温約29℃
導電率433μS(マイクロジーメンス)


残すところ今年もあと1時間です。
こういうカウントダウンが始まると、寂寞感が押し寄せてきます。
いつものようにコタツでみかんを食べていても、何となく落ち着かないです。

人間は慌しく動き、世間の流れも通常ではないですが、エイたちは普段通り。
日付が今日から明日に変わるだけのことですからね。
水槽の前に立って見ていると落ち着けます。

去年の大晦日は夜にポンプの管が抜けて水が天井まで吹き上げ、頭から水かぶって風邪引いて散々でしたので、今年は抜かりなくチェックしておきました。
ショップが4日まで休みなので、その間必要なものとしてキャットとジクラウォーターは買い揃えて。
これで安心です。
新年を海馬家の家族たちとゆったりと迎えたいと思います。

来年の目標としてまず第一にもう1つ水槽を購入する計画。
そしてもう1つは念願だったあのお魚を飼うこと。
あのお魚とは・・!
「ムラサメモンガラ」です!
b0188042_2322915.jpg

他のサイトの写真を転用できないので、描いてみました。
海水魚なんですが、可愛いんですよね~、この馬面!
別名「ピカソ・トリガー」って言われてるくらい派手な奴なんです。
難点は気が荒いこと。
テリトリー意識が強いらしく、自然下ではダイバーに向かってくることもあるらしいので、水槽の中でテリトリー意識を持たれたら、飼育者の手を齧ってくるんでしょうか。
それに単独飼育でないと、ほかの魚をいじめるらしいですし。
でもこの魚がいいんですよね。

実は今日近くのショップへ行ったんですが、そこでトパーズフグと目が合っちゃいまして。
15センチくらいはありました。
綺麗な柄で泳ぐ姿もチョコマカしてて可愛くて、思わず「ください」って出かけましたが、ちょっと待った!

欲しい魚がいるときは衝動買いしないで、家に帰ってエイの顔を見ることにしてるんです。
エイと比べて愛情がそれと同等か、それ以上なのか?って自問自答すると、ほぼ100パーセント「エイが一番!」なんですよね。
今日のフグ君もそうでした。

でもムラサメモンガラは自問自答の結果、ムラサメ独自の良さがあるっていうか、ちょうどお腹いっぱい食べた後なのにまだフルーツは食べられるような感じなんですよね。

ここ2年、ムラサメへの思い覚めやらず・・。
来年はその思いを成就させようと思っています。
春治さんに淡水エイよりも飼育は易しいと教えてもらいましたので、ちょっと安心しました。
そのために海水魚飼育設備を整えなきゃ。
海水のために揃えるものを色々調べてます。
初めての海水魚なのでちょっと心配ですが、頑張ります。
b0188042_2342646.jpg

そして今年1年「どっぷりエイ」を愛読してくださった方々へ
ありがとうございました。
来年も益々“エイ道”を極めるべく精進していきますので、よろしくお願いします。
ではよいお年をお迎えください。

by doppuri-ei | 2009-12-31 23:06 | その他

振り返って・・(上段水槽)!

上段水槽の1年を振り返ります。
色々ありました~、この水槽は。
b0188042_4225379.jpg

まずは5月にウオジラミ発生。
ガー太の体に付いていた小さな丸い物体が数時間後には移動してるんです。なんだろうこれは?って甘く考えてて、「ウオジラミ」と知ったときは動転しました。
根絶は無理と書かれてるページもあって、再発するようならいつまで経ってもエイを入れられないじゃないか?って。
でもエイはマゾテンに強いと教えてもらったおかげで、40日後には安全な水槽に復活。でもエイはまだ入っていなかったんですけどね。

それからはドンドンエイが増えて、総勢4匹に。
ポルチャ1匹、マンチャ2匹、ダイヤ1匹。こうやって見ると、マンチャが多いです。

それに11月にはマンチャのはむの病気。
色々苦労しましたが、いい勉強になりました。それにいろんなお知り合いができて、嬉しかったです。

まずはマンチャの「はむ」。
この子は私の一番のお気に入りです。
なぜかというと、水槽のそばに立つと必ず寄ってきて甘えて(?)くれるんですよね。他の子はマイペースですが、この子だけは何か違うんですよね。
でも性格が大人しくて。
うちに来る前はず~っとひとりで暮らしていたらしいので、集団生活に馴染めないようです。
はむが落ち着ける環境を作ってやりたいと思います。
というかビヨンドの圧力に圧倒されているので、ビヨンドに大人しくなってもらいたいです。
11月の拒食の尾をいまだに引いて、現在療養中です。
b0188042_426365.jpg

次にその問題の「ビヨンド」です。
花柄のポルチャです。
いつも悪役に回りがちなビヨンドですが、柄は綺麗です。
うちのエイの中でピカイチです。
中央だけでなく、周囲のスポットも花柄です。
25センチを超えてからは、スポットも明るくなってきて、スポットの間にも細かな模様が出現しています。
益々楽しみになってきました。
ただ悪さもピカイチなんですよね~。
その標的になっているのが、マンチャの「はむ」。
上に乗っかってばかりいます。
でも性格って永久に同じではないので、何かをきっかけに変化してもらいたいです。
b0188042_4265323.jpg

次にダイヤの「カーボン」。
この子はこの水槽で唯一のオスです。
この水槽にはメスはマンチャとポルチャなので、ブリード成功の暁には「ダイチャ」が誕生することになるわけです。楽しみです。
カーボンも25センチを超えました。
この頃からスポットが増えてきています。
できることならスポットの間に星を散りばめたような派手派手系になっていただければ言うことなしなんですが、まあそう理想通りにはいかないでしょうから。
健康でいてくれればそれで十分です。
そのカーボン、年末になって右目を齧られて負傷しています。
決して「独眼竜」になってほしくないので、早く治ってほしいです。
b0188042_427298.jpg

そしてマンチャの「ロダン」。
この子の動きは本当に可愛いです。チョコマカ動くこの動きはおもちゃみたいです。尻尾を齧られて本来の長さの半分くらいになってしまいましたが、ストレス感じてないみたいで、天真爛漫で元気いっぱいです。いいですね~、こういう明るい性格って。
この水槽で一番よく食べるので、背中はいつもお山のように盛り上がっています。考えて考え抜いて買った子ですが、買ってよかったです。
b0188042_4275510.jpg

ガーの「ガー太」です。
はむのことで気をとられて忘れがちでしたが、プラチナ街道を突き進んでいます。
白板水槽に順応しているんでしょうか。
私としてはガー助のようなキリン柄が好きなですが、まあこれも綺麗かなと。
ただ最近この子を見るたびに「こいつ、ホントにフロリダ・スポッテッド・ガーなのか?」って思うんですよね。
口元がそう見えないんですよね、顔が短すぎると思うんですが・・。
個体差でしょうか?
得意技は底に落ちたキャットを食べること。
これはやめていただきたい。エイの目を齧らないか心配で心配で。
b0188042_42819100.jpg

最後にガーの「ガー子」。
ウ~ム、この子は特徴ないんですよね。
お前は気配を消しているのか?お庭番みたいな奴です。
没個性というんでしょうか。個性がないのが個性かもしれないです。
プラチナになるわけでもなし、キリン柄になるわけでもない。
大人しいわけでもなく、凶暴でもない。
かつての漫才ギャグじゃないですが、中途半端な感じがするんですよね。
でも購入直後にガー子が拒食で3週間何も食べなかったとき、心配しました。
食べてくれたときは嬉しくて嬉しくて、心の中では大事に思ってたんだとあらためて感じました。

b0188042_4284951.jpg

「全く同じ水槽が2つあっても水質は同じじゃないですよ」と水槽屋さんが言われたとき、なぜ?と思いましたが、よく分かりました。
同じ濾材で量も同じ、水換えの頻度も同じなのに、かたや問題なしの下段水槽、問題続出の上段水槽。
エイの大きさや食べる量が違いますもんね。それにアクシデントが発生すると全然違ってきますから。

さて来年の希望はマンチャ「はむ」の完全回復と、水槽全体の安泰ですね。
そしてそれらが落ち着いたら、初のブリードに挑戦したいです。
エイたちが落ち着いてくれないと、私も落ち着けないですからね。

by doppuri-ei | 2009-12-30 01:06 | 淡水エイ

一難去って・・!

マンチャの「はむ」の粘膜の糞ですが、ここ1週間ほど前からほとんど出さなくなっています。
餌はディスカスハンバーグと予めふやかして軟らかくしたキャット。
硬いものの消化は消化管に負担をかけると思っての配慮です。
キャットの芯まで軟らかくするために約5分水に浸します。食べ方は以前のような猛烈な勢いです。
ハンバーグにはラクトフェリンを粉末にしたものを混ぜ合わせて、団子状にして与えています。
b0188042_6321350.jpg

水換え時には腸内細菌の活性化を謳っているジクラウォーターも入れてます。
これがどこまで効果があるのかは分かりませんが、たとえプラスに働かなくても、マイナスにさえならなければ試してみようと思ったので。

何が効いたのか分かりませんが、良くなってきてるようです。
でも眉間のくぼみはまだ若干残っていますが。
長期戦で頑張っていくしかないですね。

それはいいのですが、今度はダイヤのカーボンです。
右目が白濁しています。
b0188042_6311490.jpg

それも少しじゃなくて、真っ白って言っていいくらいに。
どうやら噛まれたようです。
水槽内にぶつけるものなんて何もないですから。

犯人(魚?)は誰か?
ビヨンドのように思えるんですよね~。いつも悪役にして申し訳ないんですが。
でも昨日カーボンにかぶさってるはむを見たので、はむかも・・。
元気になったはむが余ったエネルギーをカーボンにぶつけたのかも・・。
または上層を泳いでるガー子かガー太がキャットと間違えて噛んでしまったのか・・。

いづれにしても今はカーボンの目を治すことが先決です。
昨日はいつもより多めに水換えして、粘膜保護のためにプロテクトXを入れました。

そして今日、少しましになってるかな~?って感じです。
犯人がはっきりしない以上、分けるに分けれないんですよね。

しかし上の水槽は問題多いです。
いい加減安泰にいって欲しいです~。

by doppuri-ei | 2009-12-28 00:21 | 淡水エイ

下段水槽の面々・・!

下段水槽の面々の1年を振り返ります。
まずポルチャ♂について。
この子がうちに来たのは昨年10月。
18センチくらいでしたが、今や40センチ目前までに成長しています。
思えばこの子をショップのページで見たとき、一目ぼれしたんです。
こんな綺麗なエイを見たのは初めてでした。
当時すでに3匹エイがいたんですが、このエイで最後にしょうと思ったくらいに。
当時もっと黄色味が強かったですが、今は濃茶色になってます。
どんどん食べて、どんどん大きくなってほしいです。
b0188042_4353558.jpg

次にハイブリの「なると」。
この子は5月に来ました。
同じ大阪の方で、車でうちまで持て来てくださいました。
初めて対面したとき、入っていたポリバケツの縁を昇ってきて体盤を持ち上げて挨拶してくれました。
まるで象が鼻を伸ばして甘えるように。可愛かった~。勿論今も可愛いですよ。
約5時間半かけて水あわせしました。17センチでしたが、今は33センチあります。
だんだん綺麗になってきました。
b0188042_4355471.jpg

次にマンチャ♂。
この子は今年2月生まれ。
私は大のマンチャ好きで、今まで1年探してもどこにもいなかったマンチャがたまたま見つけたブログで「生まれました」とあって興奮しました。
水ができた6月にお迎えしました。
ショップの方によると、両親よりも綺麗になっているとのこと。
スポットが大きくて、数も多いですし、今後どう育っていくのか楽しみです。
b0188042_437550.jpg

次にマンチャの「こまち」。
この子も同じ時期にブログで出会いました。
今お店を開店されたプチファームO2さんから譲っていただきました。
マンチャの♂と♀がいればブリードだって夢じゃない!
あの憧れの、探していたマンチャが同じ時期にペアで揃って凄く嬉しかったです。
この子は花柄のマンチャですので、楽しみです。
b0188042_4373278.jpg

そしてガー助。
ガー助は大人しくて控えめで、最近はカーニバルも奪われがちですが、それでも怒りをあらわにせず、マイペースで漂っているところが可愛くて可愛くて。
勿論ガー助が十分餌を食べれるように配慮していますので、デップリ太っています。
重役クラスになってきました。
b0188042_4415447.jpg


全体的に円満な水槽ですね。
まあ来年繁殖時期が来たらどうなるか分かりませんが・・。

そうそう、よく考えてみるとマンチャ♂とポルチャ♂に名前がまだありませんでした。
皆名前があるのに、早急に考えてやらねば。
いつまでもこのままじゃ可愛そうですもんね。

by doppuri-ei | 2009-12-24 04:37 | 淡水エイ

振り返って・・!

今年1年を振り返って、一番の買い物はやっぱり何といっても水槽とそれに伴う床下補強&濾過槽部屋の工事でした。
水の重さだけでも約2トンになるので絶対補強は必要ですが、中々家族に言い出せなくて。
そんなとき運よく(?)屋根に穴が開いてることを発見。このままでは台風のときに屋根が飛ぶか雨漏りするかどっちかだと言われたんです。
これにうまく便乗し、床下補強もいいかな?と切り出し、何とか許可をもらいました。
b0188042_0123970.jpg

そして昨年11月、水槽屋さんと大工さんとの綿密な打ち合わせの末、床下補強工事開始。30トンまでは大丈夫なくらいの完璧な補強。
象が踏んでも壊れない筆箱ってCMがありましたが、まさしくそんな感じですね。
b0188042_0265667.jpg

綺麗に仕上がりました。水槽置くのがもったいないくらいに。
って言ったら何のために工事したんだ?って言われましたが・・。
1日で済みましたが、凄い大掛かりでした。
これを見ていて、趣味のエイ飼育にここまでしてもいいのか・・とちょっと弱気になってしまいました。
大工さんもアロワナのための補強は何度か依頼があったが、エイは初めてだと言っていました。
でも会話も弾んで楽しかったです。

次いで濾過槽部屋を建設(?)。
夏場の高温にも冬場の寒さにも影響を受けないように、断熱材を使って完璧に。
素材はコンパネで安く仕上げてもらうつもりが、まあそこそこの値段になりました。大幅な赤字!ここでお金使いすぎて、水槽は買えるのか・・?と不安になった時期でした。
でもおかげで夏場も部屋との温度差はたったの1度、今現在も部屋と全く同じ温度です。
さすが、プロですね!
この工事の終了が今年2月初めでした。
b0188042_21193332.jpg

この頃探していたマンチャをたまたまサイトで見て、それでも諦めきれずに水槽ができてないので預かってほしいとお願いしたんですよね。それが今うちにいる花柄マンチャの「こまち」なんです。
快く預かっていただいたO2さんに感謝しています。♪

いよいよ水槽屋さんのマコト工芸さんに正確な水槽の寸法を決めてもらいます。
この狭い部屋に何としても2段に積み上げたいという私の欲望に対して、本当に色々考えてくださいました。
何度も家まで足を運んでいただいて、感謝しています。
写真は2段水槽を置いたときの高さをチェック&最終確認中のものです。
b0188042_21542881.jpg

そして3月末、いよいよ水槽がやって来ました。
前日はドキドキして寝られなかったですね。明日の今頃はもうここに水槽があるんだと思うと。
写真はトラックに積まれた濾過槽です。
b0188042_21233376.jpg

部屋に置かれた水槽です。
配管がまだだったので水は入ってませんが、それでも最高に嬉しかったです。
水の入っていない水槽を前に、夜な夜なドラ焼きとメロンソーダでニヤニヤしてましたね。
b0188042_1781774.jpg

こちらは濾過槽です。
パンチ板の水色が綺麗ですね。濾材入れるのがもったいないくらいに。
b0188042_21573347.jpg

そして4月。配管も済んでいよいよ水が入ります。
水槽に水が入ってる!って感動しました。
綺麗なんですよね、今はピートを入れてるのでやや黄色味がかっていますが、水の入った当初は青白く光っていました。
何も泳いでいない水槽をただ毎日眺めてましたね。
b0188042_21252.jpg

パイロットフィッシュを入れないで水を立ち上げたので、時間がかかりました。
別水槽にいたエイの糞を掬ってここへ入れていたんです。
今から思えば濾材に微アルカリを使っていたのでPHが上がっていたんですが、魚を入れていないので中々下がらないんだと思い、エイを入れる前に何か入れることにしました。
普段からお世話になっているtoodaさんに相談して、ガーに決定!
それがガー助です。
b0188042_2131530.jpg

極美ですよと言われ神戸で買ったんですが、まだ爪楊枝サイズだったこのガーのどこが極美なのか分からず、まあ目が可愛かったので買ったんです。
でも店長の言われた通り、極美に成長しています。

1ヶ月後、ようやく水もできてエイを入れる日がやってきました。
小さい水槽からポルチャを移しました。
水あわせに5時間かけて、新水槽で泳いでキャットを食べてくれたとき、深夜2時にもかかわらずめちゃくちゃ嬉しくて、朝5時まで眺めていました。
その1週間後にはハイブリの「なると」もやってきて、エイ飼育水槽らしくなってきました。
b0188042_2163251.jpg

それからはエイが増えて、マンチャやハイブリや、極めつけはダイヤまで。
総勢8匹のエイに囲まれています。

エイに関して言えば、はむの病気もありましたが、まあまあいい年だったんじゃないかって思います。
皆さんのおかげで、はむも少しづつ回復してきているように思えます。
エイ1匹1匹に名前をつけているだけあって、家族ですから。
健康でいてくれれば言うことなしです。
ブリードは普段お世話していることへのエイからのお礼だと思っています。おまけみたいなものですね。

といいつつも水槽増やしてブリードに備えようとしていますが。
来年も楽しく共に家族として暮らしていきたいですね。

by doppuri-ei | 2009-12-23 00:47 | その他

久々のアーチャーフィッシュ!

最近ご無沙汰だったアーチャーフィッシュの話題です。
皆元気です。
チビももう10センチになっていますので、もうチビじゃなくなりました。
今週末にも皆と合流させようと思っています。
b0188042_2345820.jpg

というのも先々週に上部フィルターが壊れました。なので今は外部フィルターのみ。そしてライトも突然消えたので、蛍光灯を変えたんですがいっこうにつく気配なし。

なのでフィルターは濾材を約20リットル入れられるものを購入。
ライトはオークションで中古を購入しました。

これが届き次第移動させるつもりです。
楽しみです!
今は60センチ水槽に16センチが2匹泳いでるだけですから、ここにチビをプラスして総勢7匹になれば賑やかになるだろうなあと。
b0188042_235441.jpg

飼育スタイルも色々ありますよね。
色んな種類の魚を泳がせるのが好きな方や、気に入った魚だけを泳がせるタイプとか。
私は後者ですね。ウヨウヨ泳いでると嬉しいです。
同じといってもやっぱり1匹1匹違うんですよね、模様とか顔つきとか性格とかが。そういう自分しか知りえないことをつらつら思いながら水槽を眺めて浸っていると、時間を忘れるんですよね。好きな魚に囲まれるのって幸せです。

昨日うちに来たお客さんに言われました。
「同じ種類の魚の泳ぐ水槽って綺麗なもんですね」と。
そう言われると嬉しいですね。
と同時に、そのとき今は60センチ水槽だけどこれが1200水槽になったらもっと綺麗だろうなあと頭をよぎったんですよね。
そうなると1200水槽を絶対買わねばという思いが益々強くなり、ウ~ムこれはモタモタしてられないなあと。明後日床下にもぐる決意を固めました。
b0188042_236131.jpg

セブンスポット・アーチャーは最大40センチとか書かれてる本もありますが、まあ飼育下では30センチくらいかもしれません。それでも日本一大きなアーチャーに育ててやりたいですね。
大きな水槽では可能かもしれないですしね。

by doppuri-ei | 2009-12-22 00:44 | アーチャーフィッシュ

水槽全景!

今までの水槽ではエアストーンを底に置いていました。
今までずっとストーンは底に置くもんだと当然のように思ってましたから。
そのストーンの上にかぶさってガジガジかじったりするエイの様子を見るのも好きでしたから。
b0188042_1411485.jpg

それがある朝、水槽の下が水浸し。
原因は何だ!?と思って見てみると、エアストーンの位置をエイが動かして水槽のエアを通す穴の真下に持ってきてるんです。
そこから水が溢れてました。
チューブを短めにしてキスゴムで固定してるのに、凄い力です。
まあエイも暇なので一晩中ストーンの上でガジガジやってるんでしょう。
普通のポンプの吐出量くらいだったら平気なんですが、ブロワを使ってるのでエアの量もかなり多いですからね。
それに今までキスゴムで固定してると、苔掃除が面倒でした。

そういうこともあってエアの位置を変えました。
ついでにエアストーンも変えました。
b0188042_2261832.jpg

ぶら下げております。
不鮮明にボ~っと写ってるのはエアのせいです。
これだったらエイが移動させることもないですし、チューブにキスゴムがついていないので苔掃除のときに楽チンです。
ストーンの位置を底ギリギリの高さにすると、エイが目をこすってはいけないですし、またあまり高いとエアが全体に回らなかったらマズイので、これくらいの高さにしています。

遊び道具として、1つだけ以前のストーンを底に置いてます。
かぶさって遊んでます。

中々いい感じです。
そこで苔掃除もしてみました。
アクリルの掃除は勿論メラニンスポンジ「激落ちくん」です。
以前これだと傷をつけないと教えてもらいました。
ゴシゴシこすらなくても簡単に取れますよ。今までの苦労がどこへやらです。
以前はそれを使っても前面と側面は別として、背面に手が届かなくて掃除が行き届いてませんでした。

でもこのぶら下げにしたら、お掃除が簡単!
それに短時間で終わるのもいいです。
ただぶら下げにして、エアが水槽全体に行き渡るのかが不安ではありますが。
このくらいの位置だったら大丈夫でしょうか・・。
美観も大事ですが、何と言ってもエイの体が第一ですので。


この作業が2日続いて、水の中に腕を入れすぎたせいか風邪引きました。
大阪はここ3日連日雪が舞っていますからね。

by doppuri-ei | 2009-12-20 04:19 | 水槽

待つ・・・!

3匹とも同じ方を見つめています。
この真剣なまなざしの先は・・。
b0188042_2247279.jpg

そうです、餌のキャットが落ちてくるのを待っているんです。
どこから落ちてくるのか分かっているので、時間が来て私が水槽の前に立つと、スタンバイしています。

最近皆食べる量が増えたので、餌の時間はサバイバルタイムとなっています。
少しでも多くゲットしなければと必死です。

この3匹の中で「こまち」が一番小さいですが、どうも餌の取り方が遅いようです。
1粒食べてからまた次の1粒を噛んで、また・・という具合で。

でも小さいとは言っても27センチですから、他のエイがいかに大きくなったかですよね。
平均すると30センチを軽々超えてます。
皆元気で大きくなってくれました。

by doppuri-ei | 2009-12-19 22:47 | 淡水エイ

ガー助、40センチ超える!

最近光の当たっていなかったガー。
今日はガー助についてです。

40センチを超えました。
太く、長くなりましたが、性格はいたって温厚。
いつも水面ギリギリを漂っているので忘れがちになりますが、確実に成長しています。
b0188042_2341444.jpg

エアを以前のポンプからブロワに変更してからは、このエアに乗るのが面白いようで、泡で体を洗うかのごとく波乗りしています。

キリン柄も鮮やかになってきました。
ヒレにも模様が出てきて綺麗です。
b0188042_23424310.jpg

エイとガーの組合わせって中々グッドですね。
ガ-の性格にもよるでしょうが、喧嘩がないのが一番です。

by doppuri-ei | 2009-12-17 00:02 | ガー

「なると」黒っぽく!

最近マンチャの「はむ」のことにかかりっきりで、あまり注目していなかったんですが、「なると」がついに30センチを超えました。
現在32センチ!
b0188042_14131329.jpg

それに先月よりも黒くなってきています。
30センチ超えたら成長速度は落ちると思っていましたが、そうでもないようです。
1ヶ月で4センチの成長ですからね。
この原因は、カーニバルを食べていることだと思います。
b0188042_14141452.jpg

ガー助の分を横取りするのは、こまち以外のすべてのエイたち。
ガー助も取られまいと必死です。
エイがカーニバルを取るために壁昇りを盛んにやるようになってからは、水槽に傷が目立つようになりました。
エイの歯って馬鹿にできないですね。

そしてポルチャ♂もグラスパーがかなり成長してきました。
小指くらいありますから、そろそろ・・・かなと。
b0188042_14144532.jpg

なので気が早いですが、生まれた仔エイたちのため&アーチャーフィッシュのためのOF水槽を1つ買うことにしました。
普段はアーチャー水槽として使用し、エイが生まれたらそこに入れられるように間にセパレーターで仕切れるようにしてもらおうと思っています。♪

そのためには床下にもぐって補強しなければ。
虫がいないこの寒い時期にやらないと、夏場に同じことを試みて蛇とご対面したときは腰が抜けるし、天井で頭を打つし、最悪でしたから。

まあNEW水槽設置は年明けになると思いますが、楽しみです。
益々のめりこんでます。
エイってはまりますね~。

by doppuri-ei | 2009-12-16 12:51 | 淡水エイ