<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

やってきました!アーチャーフィッシュ!

一昨日ついにアーチャーフィッシュがやってきました。
今度のアーチャーフィッシュは今までの過去4回のアーチャー購入の中で一番のビッグサイズです。
すでに11センチありますから。
それに店長さんに綺麗な個体をセレクトしていただいたので、バッチリです。

届いてすぐに水あわせ。
エイの水あわせ同様に、袋に水槽の水を点滴方式で入れていきます。
エイほど長く時間はかけませんが、約1時間後水あわせ終了。
次に30分程温度あわせして、いよいよ水槽へ導入しました。
b0188042_1295242.jpg

感無量です。
幸せです。
何も言うことはありません。

前日に外部フィルターの掃除をしておいたので水が澄んでいるせいか、アーチャーたち実に綺麗!
新メンバーの黄色の発色も、導入後2時間ほどはフナ色になってましたが、夜見ると鮮やかな色に!
b0188042_12102928.jpg

動きも活発で、賑やかになりました。
元々いたアーチャーはどちらかといえば神経質で、そばを通るだけで驚いて水槽に頭をぶつけていましたが、数が増えたことで、小さなことは気にならなくなったみたいです。

それに購入したお店の店長さんから8種存在するアーチャーの分類を教えていただきました。
また例の如く、絵に描いてこのブログで公開したいと思います。

私は黄色の発色の綺麗な種類が好きなので今のアーチャーで十分満足ですが、もしブリード可能なら、アルビノ個体とかゴールデンアーチャーとかを作ってみたいですね!

by doppuri-ei | 2010-02-28 14:58 | アーチャーフィッシュ

齧らないでチョ!

最近齧られっぱなしのマンチャ「こまち」です。
齧るのは言わずと知れたポルチャの「かなめ」。
エイって色の濃い個体よりも、幼魚色の淡い色の個体を齧るみたいですね。
オイオイ、弱いものいじめかい!?
こうして「こまち」が食べていると、そ~っとそばへ忍び寄る怪しい影。
向こう行ってよ!って感じで体盤をバタバタさせて怒ってますが、「かなめ」には効いてないみたいです。

淡い色=幼魚=弱いって数式が出来上がっているんでしょうか。
なので「なると」には興味ないみたいですね、色が黒くなってきたからでしょうか・・。
b0188042_4341611.jpg

最近仲間から離れて1匹だけでいることが多いです。
孤独を愛する「こまち」です。
色もそうですが、大きさが一番小さいのも原因でしょう。
今は早く皆の大きさに近づけるように集中的にキャットとモンスターを与えています。
餌食いはいいんですが、キャットに気づくのが他のエイより遅くて、気づいたときには相当食べられてるんですよね~。
それに1粒1粒味わって食べるタイプみたいなので。
b0188042_4352580.jpg

しかしエイって成長早いですね。
去年の5月に15センチだったのが、今は28センチですからね。
エイって成長ホルモンは生涯分泌され続けるんでしょうか。

by doppuri-ei | 2010-02-20 04:42 | 淡水エイ

アーチャーフィッシュの黄色が美しく!

久々のアーチャーフィッシュの登場です。
いい色に発色しています。
子供の頃は、メタリックなシルバーの地色に不規則に黒い帯が入る程度でした。夜ライトを消して朝つけた時は、フナみたいな色をしていました。
これが本当にアーチャーなのか?って。
b0188042_4212818.jpg

上の個体は黄色が多く出ているので気に入っているんですよね。
大きさは12センチくらいです。
個体によってはこの黄色の発色が僅かなものや、全く出ないものもいます。
ず~っとシルバーのまんまてって感じで地味なんです。
私は断然黄色の鮮やかな個体が好きですね!

夜お食事時間が近づくと、前面に集合して上を見ています。
アーチャーって下向いてるの見たことないです。本能とはおそろしいものです。
首痛くならないかな~って思いますね。
b0188042_4215444.jpg

エイの次に好きなアーチャーフィッシュ。
近いうちに3匹うちに来る予定です。
何匹同じ魚飼うねん!?って言う人もいますが、まあ好きだから好きなお魚に囲まれたいんですよね~。
今度はどんな子だろう?ってワクワクします。

by doppuri-ei | 2010-02-20 04:22 | アーチャーフィッシュ

個性派「なると」・・!

最近のハイブリの「なると」です。
なるとは今生まれて初めて、他のエイに齧られるという恐怖を感じています。
今まで下段水槽での齧られ役は、マンチャ♀の「こまち」が一手に引き受けていましたから。
でも大きくなったせいか、最近ポルチャの「かなめ」にマークされ始めたようです。
齧られて食が落ちたら即隔離しますが、そうでもなくキャットは相変わらず食べてますし、行動も普段どおりなのでこのままにしています。

ただ最近今年1月末くらいから、体盤の縁が真っ黒になってきました。
それはいいのですが・・。
b0188042_2341152.jpg

これは今年1月に撮影したものです。
これだと去年とそう変わらず、スポットもそこそこ明るい色で、鮮やかです。
体盤の色もまだ茶色が強いです。
b0188042_23412698.jpg

そしてこれが2月15日の写真。
明らかに変化してますよね。
スポットが黒くなってきています。

体全体もザラザラ感のある体表だったのが、縁から内に入った2センチ程の間はベタッとした真っ黒。
まあこれはいいんですが、肝心なスポットの色が・・。
白くなるどころか以前よりも暗色になって、茶色になってます。

確か両親は黒系と聞いてるんですが、何故だろう?どうしてなんだろう?
何故黒ずんできてるのか不明です。
水槽内は明るいし、底は白板だし。
だから他のマンチャは黒にならず今だに体盤は茶色か濃茶色だっていうのに。
成長過程での一時的な変化なのか・・・。
それとも元々茶色遺伝子を持っているのか・・・。

こういう場合ブリーダーの中には手放す人もいるかもしれません。
でも私は手放すつもりはありません。
たとえ黒くならなくても、それはそれで個性じゃないかと。
去年の5月から大事に大事に育ててきましたからね。
体にクロコのようなイボができたり、エラを噛まれて充血したりいっぱい思い出があります。
まあ下段水槽は「なると」を除けば皆黒系になるわけですから、1匹くらい茶色がいてもいいじゃないかって。

横顔の特にお目目が可愛い「なると」です。
今棘が1本抜けてます。

by doppuri-ei | 2010-02-15 23:47 | 淡水エイ

大きくなったマンチャ「ロダン」!

うちのエイの中で一番チビのマンチャ「ロダン」。
背中はこんもりお山なのに全然大きくなってないじゃんって思っていました。
でも今回「ビヨンド」から隔離して「はむ」と同居させてからは頻繁に壁昇りをするようになり、それを見ると大きい!です。
b0188042_182595.jpg

ちびちびといっても23センチありますから。
うちに来た去年の10月には13センチだったのでウムウム・・よしよし!です。
「はむ」は40センチ超えてますから、このスペースにいて「はむ」に齧られないかはじめは心配だったんですが、時々威嚇はしているものの、齧る気配はなしです。「はむ」は背中に乗られるのが一番嫌なので、そのときくらいですかね、怒るのは。
大きくなって大きさ負けしないようになればビヨンドも一目置くかもしれません・・。
b0188042_1102717.jpg

ところで初めから分かってはいましたが、マンチャってかなり大きくなるので、70センチ超えたら現在の水槽にペア2匹しか入れられなくなってしまうんですよね。
でも水槽の大きさなりにしか大きくならないと思うので、50センチくらいで止まるんじゃないかって楽観視してるんですが。
その辺どうなるのか、・・・楽しみでもあり、不安でもあり・・です。

by doppuri-ei | 2010-02-12 00:23 | 淡水エイ

ビヨンドひとりぼっち・・!

今日は暖かいですね!
なのでずっと水槽部屋に入れていたヒーターを今日は切りました。
電気代がすごいですから。
暖かい春が待ち遠しいです。

ところでマンチャの「ロダン」を完全にビヨンドから分けました。
水換えや掃除で遅くまで水槽の前にいたのでじっくり観察したのですが、「ビヨンド」は「ロダン」の上にかぶさってばかり。
そのたびに嫌がってバタバタさせる「ロダン」。
このままでは「ロダン」も「はむ」の二の舞になってしまう・・。
事実体盤を齧られてますし・・。
b0188042_22305443.jpg

ホントは2匹ずつ分けるのがスペースの関係でも悠々泳げると思ったのですが。
3匹:1匹の分け方では「はむ」のいる側が窮屈になってしまいます。

でも以前の経験ではエイの性格も永久に同じじゃなく、成長と共に変わっていきます。ましてや「ビヨンド」は♀ですから、適齢期になったら大人しくなるかもしれませんし。
b0188042_22374121.jpg

今は朝青龍のように荒れていますからね。
でも解雇や引退はさせたくないです。何せ花柄ポルチャですからね、将来の姿を見てみたいので。ただ今は時期を待つしかないです。
自分1匹になって、仲間が恋しい様子です。

by doppuri-ei | 2010-02-10 22:35 | 淡水エイ

完全別居の効果は・・・!?

上段水槽を完全に仕切っています。
今日で3日経ちました。

ポルチャの「ビヨンド」は凶暴ではないんです。
ただ大きな「はむ」を見ると、上に乗って遊びたいんですよね。
それが「はむ」にしてみれば大きなストレスになるようで・・。

最近回復の兆しがはっきり見えてきて、あとひと息!ってところまできているので、「ストレス説」を信じて行き来できないようにしました。
ダイヤの「カーボン」と「はむ」が一緒、ポルチャの「ビヨンド」とマンチャの「ロダン」が一緒です。
b0188042_134757.jpg

「カーボン」も「はむ」に乗るときがありますが、しつこくはないです。
軽~く乗っているだけでも当初は「またビヨンドか!?」と嫌がっていましたが、今はもう分かってきたので嫌な顔してません。
一方ビヨンド側は、乗っかる相手がいなくなり、「ロダン」の上に乗ってます。
「ロダン」は小さいですが、負けてませんね。反撃して反対に乗っかりに行ってます。「ロダン」がストレスにならないようならこの組み合わせで様子をみていこうと思います。

そして肝心の「はむ」の様子ですが。
分けて良かったようです!
今日見ると眉間のくぼみがほとんど消えています。背中も盛り上がってきました。それに動きに萎縮するところがなくなりました。イキイキしているように見えます。
b0188042_132339.jpg

人間でいうところの「過敏性大腸炎」だったのかもしれません。
エイって人間みたいですね。
この2匹今も反目し合っているかというと、セパレーター越しに対面しています。体盤をくっつけあったりして。
こういう形なら仲良くできるんですね。

by doppuri-ei | 2010-02-05 01:34 | 淡水エイ