<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

汚れ処理係・・!

「どっぷりエイ」なのに最近エイの話題が少なくなっていました。
ダトニオもいいけど、本道を踏みはずしちゃいけませんもんね。ということで今日はエイの話題です。というか濾過槽の話題です。

夏はエアコンを稼動しているとはいっても、部屋の温度は上がりがちです。事実水温は上段水槽で30℃、下段水槽で28℃くらいです。
でも日によってはもう少し上がることもあり、その対策として濾過槽の蓋を開けて扇風機を回しています。
そのとき気づいたんですが、ウールマットに2ミリほどの黒いウネウネしたヒジキみたいな生き物がへばりついているんです。
調べるとどうやら「オオチョウバエ」の幼虫のようです。
オオチョウバエっていうのは、よくトイレで飛んでいるグレーの小さな蛾で、『便所バエ』とか不名誉な名前で呼ばれてる奴です。
b0188042_15145486.jpg
しかしこの幼虫がウールマットにいると不思議とウールの汚れが少ないんですよね。うちでは大体1週間に2回ウールを交換していますが、これがいるといつもなら汚れがべったりのはずが綺麗なんです。
これは果たしていいことなのか、よくないことなのか・・。このまま見過ごしてもいいのでしょうか。

オオチョウバエの幼虫は風呂場や台所の排水・トイレ周りなどの、有機物が蓄積して結果微生物が繁殖してヘドロ状になった場所にいるようです。
「有機物の蓄積・・ヘドロ状・・」というのはまさしくウールマット上と同じ状態ですよね!
ってことはウールマットに付着した有機物を食べて処理してくれてるってことですよね。だからウールマットが汚れないんでしょうかね。だったらこいつはいい奴なんじゃないでしょうか。

実は以前900水槽にエイがいたとき、夏の間1ヶ月間ウールマットを交換しなかったことがあるんですが、エイは平気で元気にしていました。勿論数値も異常なしで。このときもマットにはこの幼虫がウネウネしてました。

ネットで調べるとこの幼虫の退治法について質問している方が多いようですが、これが汚物処理係を一手に引き受けてくれているんだとしたら、退治するなんてとんでもない!アクアの世界では益虫ってことになります。
ウールの交換時期も延ばせるし、経済的にもたすかりますし。

でもいいことばかりじゃありません。
この幼虫が増えてからというもの、部屋を飛び回るオオチョウバエの数は確実に増えました。
なんでやろう・・今年この虫多いね~?と言われるたびに、猛暑のせいやろね~とか言ってうまくごまかしてますけど、真っ白なご飯の上に止まってたりすると、オイ!オイ!。食欲減退します。

by doppuri-ei | 2010-08-28 15:17 | 淡水エイ

ダトニオ増加中・・!

買ってしまいました~。
今までショップで見てきたリアルバンドは、どこがリアルなのか全然分からなかったんですよね、水槽の奥の方で黒くなって壁にもたれてるんですから。
でもこのリアルバンドはちょい違ってました。
昨日C’ZONEのたかあきさんに教えていただいたショップで、一目惚れしてしまったのはこの子です。
b0188042_1559711.jpg

現在約4センチです。
実際にダトニオを見た少ない経験の中で、今までで一番綺麗と感じた子です。まあそう思えるから飼えるんでしょうけど。
地色がレンガ色よりもレモンイエローの方が好きなんですが、この子はまさしくそのタイプ。お目目もパッチリでええ感じでした。

プラスワン軍団は皆隅っこで色とびして冴えませんでしたが、この子1匹だけ全然怯えず、ど真ん中で堂々と泳いでました。だから色も全然黒ずんでいなくて。
こういうのをリアルバンドっていうんですかね~。

って時間が経ってもうそろそろ帰らないと・・と思って離れようとすると、水槽越しにずっとそばにくっついてるんですよね。
「行かないで~」って声が聞こえましたね、私の耳には!幻聴かな?
お前とは別れられない!こいつは私が好きなんだ!お前とは前世からの因縁を感じる・・っていつものように勝手な解釈をして連れて帰ってきました。

その子は今はアーチャー水槽にいます。
自分より大きいアーチャーを相手に導入後数分間は恒例の”かわいがり”がありましたが、チビが勝ったみたいです。順位付けって大きさだけで決まるものじゃないんですね。
今は前の水槽同様にど真ん中に陣取ってます。

名前ですが「おかる」にしました。
ショップでのこの子との会話(?)は、『仮名手本忠臣蔵』のお軽・勘平のシーンに似てると思ったもので。魚も増えてくると名前考えるのも苦労しますね~。

その「おかる」ですが、水槽の前に立つと寄ってくるし、餌はすでに砕いたキャットを数粒食べてくれました。
アーチャーが争ってキャットを奪い合う姿を見て、つられて食べるようになったみたいです。餌付けにはアーチャーと一緒に入れるというのはかなり効果があるのかもしれないですね。
アーチャーと「おかる」のシマシマ軍団・・、統一性があって見ていて面白いです!

by doppuri-ei | 2010-08-11 15:06 | ダトニオ

遅れて来た「魔」・・!

やっぱり「魔」はいました。
実はダトニオ水槽が大変だったんです。
魔の8月1日を無事に乗り切りホッとしたのも束の間、2日に1週間ぶりに測定するとアンモニアが発生していました。
それも尋常ではない数値です。
テトラの試薬表を遥かに超えたブルー色になってます!
亜硝酸も検出。
PHは7.5くらいでやや高めです。PHに関しては初めからこれくらいはあったんですが。

今まで新規水槽立ち上げのときもここまで上がったことはなかったので、もうメチャクチャ焦りました!
濾材は900水槽からそのまま移動させましたから、こんな事態を招くとは夢にも思っていなかったので。

とにかく水を半分換えて、ゼオライトを投入。
時計を見るとまだショップの開いている時間だったので、車でショップへ走りました。買ったのはアンモニアと亜硝酸を吸着すると謳っている「アルミナ」が主成分の「リバースグレイン6.8」。
b0188042_22545776.jpg

帰宅後、
亜硝酸、アンモニア吸着目的:リバースグレインソフト投入
PH低下目的:ピート投入

そして10時間後測定しましたが・・。
全然数値が下がってないじゃん!
そこでまた3分の2の換水。
でもゼオライトのおかげで、PHは7.2くらいに下がりました。はじめは7.5でしたから。
アンモニアが出ていてもPHが中性~弱酸性ならほとんど無毒ですが、それでもこれだけ高いと完全に無毒とも思えません。

そこで3日から5日までの3日間、12時間の間隔をあけて、早朝と夜に3分の2と3分の1の水換え。
新水垂れ流しの要領でチビチビと時間をかけて水換えしました。
そのおかげでアンモニアは初日の半分のレベルまで下がりました。

そして5日夜、アンモニア発生時から900水槽へ漬けておいた濾材5リットルをダトニオ水槽へ追加。
これで下がってくれることを祈りつつ・・。

そして6日早朝、アンモニアと亜硝酸を測ってみると。
アンモニアはゼロ、亜硝酸は若干、PH6.8くらい。

よかった~!
これで危険な状態は脱したと思います。
クレバーの食欲はこの間もずっと同じで、餌くれ~と水面ばっかり見てましたが、
冷凍エビ3匹に抑えていました。ヒモジイ思いをさせてしまいました。

それにしても濾材は前の水槽からそのまま移動させたのになぜでしょう?
アーチャー水槽もフォーバー水槽も今までずっとこの方法でスムーズにいっていたのに。

もしかしたら外部フィルター重視での方法がまずかったのかもしれません。
今までバクテリアのついた濾材はすべて上部フィルターへ移していましたから。
大型魚の場合、上部フィルターかOFの方がいいんでしょうかね。

しかし、クレバー君お腹がすいてるんでしょうね。
水槽に浮かべてるピートの入った袋にかぶりついてました。
浮遊物を餌と間違えて追いかけたり。
でももう少し我慢・・我慢です。

by doppuri-ei | 2010-08-07 01:18 | ダトニオ

「はむ」の日!

今日は広島へ原爆が投下された日ですが、1年前の今日8月6日に「はむ」は海馬家にやってきました。
今日で丸1年経ちました。
現在40センチを超えました。
一人暮らしをはじめて1ヶ月ですが、元のように元気で楽しそうな顔に戻りつつあります。
b0188042_19163596.jpg

眉間のくぼみも完全に消え、背中も盛り上がってきました。
一人の方が生き生きしてるように見えます。

そんな一人暮らしを満喫している「はむ」のところにお客さんがやってきています。ガーの「ガー子」です。

ガー子はガー太と一緒にいると、餌のカーニバルを横取りされるので最近痩せていました。
餌を取るのが遅いんですよね~。
うかうかしているとガー太やエイも狙ってますから、あっという間になくなってしまいます。でもそれを除いては仲良くくっついていますから、そのままにしておいたんですが。

昨日見るとセパレーターを超えて出張してきてるんですよね~。
しかしセパレーターと天井の蓋の隙間はほとんどないのに、どうやってきたんだろう・・?!
必死だったんでしょうかね。

「はむ」のことが好きみたいで、ず~っとくっついています。
「はむ」も相手がガーなので齧られることもないの安心してるみたいですね。

by doppuri-ei | 2010-08-06 19:17 | 淡水エイ

1日の海馬家・・!

ヤレヤレ、花火大会は終了しました。
どうも好きになれませんね~、花火大会って。
規制規制でゴタゴタしてて、どこに行くにも通行証明書がいるので面倒です。
うちの町会からは花火が目の前でよく見えるので、見物目的の住民以外の車が平気で出入りします。
なので事故防止のため今日だけは住民以外は立ち入り禁止。住民には予め警察から「通行証明書」が発行されています。
それを去年うっかり忘れて出掛けてしまって入るに入れないんですよ、警官に呼び止められて。
「ここの住民なんです!」
「証明できるものは?」
「・・・」って感じで。
まあ自分の不注意ですが、そういうアクシデントがあるので、好きになれません。そして肝心の魚たちですが、何事もなく平穏な水槽を維持しています。
b0188042_21415342.jpg

新入りのクレバー君も、お気に入りのこの場所で水面を見上げています。
こういう光景が一番ホッとします。
この日と元旦は苦手ですが、これで1つは終わりました。

ということで去年に引き続き、綺麗なPL花火大会の写真を載せたいと思います。2階の窓から撮影したので電柱が写ってますが、せめて雰囲気だけでも伝わればと思いまして。
今年は経費削減なのか打ち上げ数が少なかったです。
今までで一番盛り上がりに欠けていました。
でも家でやる線香花火よりず~っと綺麗ですからね!
b0188042_21432631.jpg

あまりに近いので耳に響きます。雷鳴以上の音です。
向かいにある体育館にも音が反響して返ってくるので、サンドイッチ状態です。
振動もかなりのものです。
トイレのガラス窓はガタガタいってるし、台所の棚からは鍋が落下してました。
b0188042_21435494.jpg

でもこの時期でよかったです。あの耳の状態が最悪のときにバンバン打ち上げられていたら、耳が壊れていたと思いますからね。

by doppuri-ei | 2010-08-01 21:30 | その他