<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

もみぢのために、エンヤコラ~!

皆さん、お久しぶりです。
何もお知らせせずに申し訳ありませんでした。
私も含め家族も体調崩し暫く休んでおりましたが、もうそろそろ春ですもんね!
今日より復活させますので、今まで通りよろしくお願い致します。

さて久しぶりだというのにあまりいい話題ではありません。
最近ダトニオ「もみぢ」の目が白くなっています。特に右目が酷いです。
何でこの子だけ・・?それに今年に入ってからは発色もよくないですし・・。
原因をいくつか考えてみました。
b0188042_2353553.jpg

まずは水質から。
PHは7.2。
亜硝酸・アンモニアはゼロ。
水温は28℃。
水は毎日10分の1(約100リットル)換えています。
勿論細菌感染ってこともありますが、自分が一番気になったのが硝酸塩の蓄積です。去年の9月から濾過槽掃除をしていません。でも水質に敏感なエイの調子はいいので気にしていませんでした。
暖かくなったら・・と思っていたのですが、そんな悠長なことを言ってられなくなりました。”思い立ったら吉日”で今日早速お掃除を実行しました。
b0188042_045248.jpg

幸い今日は暖かく、絶好のメンテナンス日和!
まず用意するのはプラケースと四角いタイプのゴミ箱です。
ゴミ箱とはいっても勿論新品ですよ。
ゴミ箱へは濾過槽から水70リットルを移します。
b0188042_0462772.jpg

濾材の入った状態で濾過槽には約170リットルの水が入っています。
濾材を洗った後すべて新水にしてそれが一気に水槽へ流れ込んだら、エイがPHショックを起こすんじゃないかと思い、70リットルは古い水を使うことにしています。

そして残りの水はブルーのプラケースへ入れます。
そこへ濾材を移動させます。
b0188042_0472662.jpg

しかし濾材って重いですね~。ネットに引っ掻かって爪が割れてしまいました。
しかも利き手の右手の人差し指を。まだ序盤なのに・・・、先が思いやられます。
そして濾材がなくなった濾過槽です。
b0188042_0482160.jpg

スッキリです。
底の茶色のツブツブはネットが破れて散らかったリバースグレインとゼオライトです。こういうのは想定外でした。またこれを掃除する分手間がかかりそうです。

なんだかんだ言って約40分後お掃除終了。
濾材を入れて水も70リットル戻しました。
今回濾材を10リットル追加して、合計100リットルにしました。
b0188042_0491452.jpg

そして濾材をジャブジャブしたあとの飼育水です。
汚いですね~。どの水槽でもこんな感じでしょうか。
b0188042_0514282.jpg

そして濾過槽の水ですが、当然ですがかなり不足しています。
計算上は100リットルの不足です。
台所に浄水器をセットして、そこからバケツに入った水を濾過槽まで運びます。
一旦家から出て庭の濾過槽部屋までの移動はかなりきついです。
でもまあ何とか終了。

そして濾過槽内の水温を測ります。25℃です。
水槽内の水温は28℃。
この3℃差は大きいです。
ヒーターは濾過槽の第4層目にあります。
水の止まったこの状態では、4層目の水は暖かくなっても、1,2,3層目の水は冷たいままです。

そこで登場はリオの水中ポンプ!
b0188042_0501885.jpg

これを濾過槽内だけで循環させます。そうすれば濾過槽内の水温が一律28℃に上がります。その水を水槽内に入れれば同温なので支障なし!♪
b0188042_0505021.jpg

約50分後に27℃に上昇。一方水槽内温度は27℃に下降。
ピッタリ揃ったところでポンプのスイッチオンで水を回します。

この方法は今回が初めてなんですが、自分なりにかなり満足しています。
水温の問題だけじゃなくいつもなら汚い水が水槽内に流れ込んでいたのが、今回のこの方法では綺麗な水が流入しています。予め濾過槽内で水を回しているうちに、汚いものは底に沈んでくれたんでしょうね。

ここまで約2時間半。あたりはもう暗いです。タイミングよく雨も降ってきました。
ということでこれにてお掃除はおしまいおしまい~です。

やれやれ、しかし疲れました。
魚を見ていると気のせいか喜んでいるように見えます。
この瞬間は掃除してよかった~と思うんですが、掃除の最中はとにかく早く終わることだけしか考えてないです。何とか楽しくお掃除する方法ってないでしょうかね。

今回の掃除で学んだことですが、
①魚屋さんの使っている胸まであるゴムのズボンが欲しいです。
 毎回パンツまでビショビショです。
②水を吸える小型の掃除機みたいな奴が欲しいです。
 これがあれば濾過槽内の汚れた水を一気に吸い出せます。
③爪が割れて痛かったので、頑丈なゴム手袋が欲しいです。
④葉っぱが散って垣根が役目を果たさず、透け透けでお隣から作業が
 丸見えなので、カッコいいプラ製の竹の垣根が欲しいです。
 (まあこれはアクアとは関係ないですが)

まあ苦労した分これで目がよくなってくれることを祈るのみです。
これでしばらく様子を見ますが、なるべくなら薬浴することなしに治っていただきたい。というのもこの子が悠々泳げるサイズの予備水槽がありませんので・・。

by doppuri-ei | 2011-02-28 01:04 | 水槽