<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一皮剥けた・・・?!

今日は大阪府知事選挙・大阪市長選挙の投票日です。
大阪都計画を掲げる大阪維新が勝つか・・・!?
はたまた反維新の逆転勝利なるか・・!?
大阪府民としては明治維新以来の『大阪府』から『大阪都』になるかもしれない一大事です。
大坂夏の陣以来の一大事です!
ってちょっと大げさでしょうか。
しかし渦中から一歩引いて客観的に眺めれば、どちらが勝つにせよこのような歴史的瞬間に立ち会えることは、得をしたような気分でもあります。
ということで体調万全(?)で投票に行かねばなりませんので、夕べは早く寝ました。

話は大きくかわって、今日はスッポンの話題です。
スッポンのぽん太の食欲は1年通じて旺盛です。
総じて熱帯のカメは冬眠はしません。
ぽん太はインドハコスッポンで生息地はインドあたりですから、冬眠はしません。
初代ポン太はフロリダスッポンでしたので冬眠していました。
寒い部屋に置いていたので、食欲が落ちてきて気づくと冬眠中・・・?ということもありました。

2代目ぽん太は暖かい水槽部屋にいるので絶好調です。
良く食べよく水を汚すので、皮膚病になるといけないので水はしょっちゅう換えています。

昨日水を換えつつぽん太の背中をナデナデしていたら、おや!?
皮膚がズルッとむける!
ええっ!
お前、まさか皮膚病なのか!?
そのままお尻付近まで撫でていくと、甲羅全体がむけてしまいました。
b0188042_2415548.jpg

でも元気そうにしているし、何となく病的なものではなさそうな。
皮を洗ってよく見ると・・・。

これは、脱皮ではありませんか!
ヤレヤレ。
ひとまず安心しました。
しかしここまで綺麗にむけるとは驚きです。
全体が一度に代わったことで、さぞや甲羅はフニャフニャで頼りないものになってるんじゃないかと思いましたが、意外にもシッカリした硬さです。

でも質感が変わったように見えます。
今までのツルツルとは違って絹目調の写真用紙みたいに表面に粒々があって、そのために光の反射が上品で綺麗に見えます。

そして“抜け殻の皮”は、甲羅の模様もそのままです。
ちなみに縁の赤いのは水に溶けた餌の色です。
b0188042_24223100.jpg

感触はカワハギの皮みたいな感じです。
伸び縮みはしませんが、所々光沢があって綺麗です。

しかし長いことスッポンを飼っていますが、こういうのは初めてです。
それに脱皮後に気づいたことですが、黄色い斑点模様が増えている!
b0188042_2425171.jpg

この種のスッポンは成長に伴って斑点は消えて行って、最終的にはブラウン一色になるらしいですが。いや~、これは嬉しい誤算です!

by doppuri-ei | 2011-11-27 07:52 | その他

世界に1つだけの柄~!

何でも食べるっていいことですね!
飼育者にとっても、お魚にとっても。
写真は別の部屋の水槽からミニOF水槽へお引越ししてきた本ダトニオです。
とは言ってもお引越しは7月のことでした。
b0188042_2221766.jpg

この子は何でも食べてくれます。
カーニバルもキャットも冷凍エビもメダカも何でも来いです。
おかげで体高が出てきました。
そして7月から約4センチ大きくなりました。
4ヶ月で4センチ。
現在11センチ。
順調なのか、遅いのか・・・。
よく分かりませんが。
b0188042_222458.jpg

バンドがやや乱れていますが、この乱れ方は自分から見ればお好みの範疇です。Y字型バンドのダトっていうのもかなり珍しいんじゃないでしょうか。
b0188042_2231516.jpg

いまはこういう環境に一人暮らしです。
以前はここに同じくらいの大きさのメニーバータイガーがいたのですが、このダトニオにいじめられて栄養失調でお亡くなりになりました。ダトニオファミリー水槽実現のために、探しに探して見つけたお気に入りメニーバーだったんですが・・。
b0188042_2234230.jpg

まあ今は早く大きくなって、軍団に合流させるのが楽しみです。♪
そのためにも20センチくらいまではここでモリモリ食べさせようと思っています。
ダトニオって20センチくらいまでは毎日食べさせても大丈夫なんでしょうか?
どの大きさあたりから食事制限したらいいんでしょう?
今は毎日キャットとカーニバルを1回5粒ずつ、1日に2回与えています。
勿論お腹の膨らみ具合と糞の確認を怠らず。

by doppuri-ei | 2011-11-22 12:19 | ダトニオ

またもやカエル登場!

クランウェルツノガエルです。
カエルはいいですね~。
見るとついつい欲しくなりますもん。
まあ私だけでしょうけど。
b0188042_7311148.jpg

この子は鼻の下に2本のラインがあるでしょう?
これが気に入りました。
それに顔も長いですし。
ニョキッと出た太い二の腕(?)もエエ感じです。

このチョビ髭、
チャップリンのチョビ髭みたいにも。
おやじ姿のカトちゃんみたいにも。
はたまたナチスドイツのヒトラーにも見えます。

ということで名前は単純に「チョビ」にしました。
しかもこの子はオスらしいです。
待望のオスです!

今うちにいる子はすべてメス。
なので全く鳴きません。
まだ薄暗い明け方に、静寂の中をグウェーグウェーとカエルの鳴き声が響くと、日本っていいなあ~とか我が家っていいなあ~と感傷的になり、田んぼでカエルを追っかけた昔の風景を思い出して懐古的にもなり、今日も1日また頑張るぞ~!って前向きにもなれるんですよね。
恐るべしフロッグパワー!
まあ私だけでしょうけど。

というわけでカエルの鳴き声を聞きたい!
環境に慣れて早く力強い声で鳴いてもらいたいです。

by doppuri-ei | 2011-11-18 23:50 | カエル

アーチャー&??も健在!

一時期原因不明の病気で2匹減ってしまったアーチャーフィッシュ。
しかし塩+フラジール薬浴と頻繁な水換えで、次第に落ち着いてきました。
残ったアーチャーたちは皆元気です。
b0188042_0351070.jpg

写真のオレンジの魚はパロットです。
でも自分はこの魚がどうも好きじゃないんですよね。
いつも口を半開きにして、どうもどこかぬけてるような感じで・・。
このパロットはおまけ同然でいただいたということもあって引き取ってもらおうと思ったんですが、すると家族が反対します。
かなり気に入っているみたいです。

どこがいいの?って聞くと、だって色が綺麗だから!と。
まあ確かにアーチャーカラーだけでは単調になるところもありますからね。
水換えのとき時々この話題になり、そうなると決まって
『でもやっぱり自分の水槽イメージに合わないからなあ~。』
『いいやん、2匹くらい。』
という展開になり、
そうこう言われながらもその間パロットはたくましく生きて、今や綺麗な大人のお魚になりました。

夜には土管の中で仰向けに寝ています。
それに縄張り意識が強くて、誰も土管には近づけません。
パロットってこういう習性があるんですね。

来たときは3センチくらいでしたが、2年経過してアーチャーを越しました。
成長も早いです。

最近ではアーチャーの縄張りと自分たちの縄張りとの住み分けを上手くやっているので喧嘩がなくなりました。平和な水槽になったということで、この分なら来年もパロットはうちにいることになると思います。

by doppuri-ei | 2011-11-17 00:35 | アーチャーフィッシュ

海馬家水槽に新メンバー!

まずはお詫びを。
長い間更新が途絶えておりましたが、今日よりまたボチボチマイペースで更新していこうと思います。人気ブログからは程遠い当ブログ、読者の皆さんひとりひとりの存在はとてもとても貴重です。
これからもよろしくお願い致します。
でもボチボチ更新ですので、あまり期待しないでくださいね。暖かい目でお願いします。

そして復帰第一回目の話題を何にしょうかと考えました。
エイにしょうか、カエルさんにしょうか。
色々考えてダトニオにしました。でも決してエイを忘れてるわけではないですので、ご安心を。

1200水槽設置して、早や5ヶ月経ちました。
そしてその間に新しく海馬家に仲間が加わっています。
b0188042_4572156.jpg

本ダトニオです。
約35センチあります。
顔から背中への急カーブのこの体型、私の好みです。♪

兵庫県明石市から来たので、名前は「オクト」君にしました。
明石と言えば、タコ!
タコは英語でオクトパス。
b0188042_5121620.jpg

ただいまだに生き餌しか食べてくれません。
何とか冷凍エビだけでも食べていただきたいです。
何度も挑戦していますが、いまだに口に入れてもすぐにペッペッと吐き出しています。オクトとの根気勝負ですね。
ショート君も1年後には食べてくれるようになったので、いつか心変わりしてくれることを祈っています。今のところは餌はメダカです。

by doppuri-ei | 2011-11-14 05:50 | ダトニオ