動くダトニオ&アーチャーフィッシュ!!

先程の記事の続きです
動画を撮ってみました。
久しぶりに撮ったので、You Tubeへのアップを忘れてしまって苦労しました。
パソコンへの取り込みも?です。
パソコン替えるとややこしいですね。

ただ魚が泳いでいるだけの映像です。
苔で汚い部分もありますが、よろしければご覧ください。
途中「カンカン」と音が入っているのは、ブルテリア「ブービー」が食器を噛んで遊んでいる音です。若干の手振れもあります。
再生時間は約1分です。


# by doppuri-ei | 2013-03-22 03:31 | ダトニオ

ダトニオ&アーチャー水槽!

久々にビッグ水槽の話題です。
1200のダトニオ&アーチャー水槽について書きたいと思います。
この水槽の濾材は9割「フジノスパイラル」を使っています。
「フジノスパイラル」とは書きましたが、現在は「スパイラル濾過材 クロキチFSPL」と名称変更されています。
他の水槽はまだリング濾材ですが、この水槽は水に透明感があってかなり綺麗です。
いつもブロ友さんのGar221さんに譲っていただいて、非常に助かっています。
今回も海水用に譲っていただきました。
ゆくゆくはエイ水槽も100%「クロキチFSPL」に変更予定です。
今使っているリング濾材は重くて重くて、濾過槽から引きあげてメンテナンスをすることを想像するだけで、疲れが出てしまいます。
おまけに水の中で濾材をジャラジャラ手でかき混ぜていると、爪は割れるし、指は切るし、最後に濾過槽に戻そうと持ち上げてギックリ腰になるし、全然いいことないです。
その点この濾材は軽くて楽チン!
今日はお掃除しようかな~!って気分にさせてくれる精神的にやさしい濾材です。
b0188042_111243.jpg

その「クロキチFSPL」のたくさ~ん入っているダト&アーチャー水槽の様子です。
苔は生えてますが綺麗と思いませんか、水!
入れる前と比べると、水に透明感があるような気がします。

そして魚たちも成長しています。
まずはダトニオ君!
b0188042_0513459.jpg

一昨年7月に10センチ弱でうちに来ました。
当初は45センチのミニOF水槽で単独飼育でした。
b0188042_353175.jpg

この子がこんなにビッグに!
今やボスクラスです。
一番鮮やかです。
b0188042_052766.jpg

お隣に写っているのは、フォーバー・ショートです。
この子がダトニオを飼うきっかけを作ってくれました。
そのおかげで今やダトニオ・ファミリーを形成するに至っています。
b0188042_053385.jpg

相変わらずのショートぶり。
可愛いです。
b0188042_0553226.jpg

そして本当のボスはこの子!
ダトニオ・リアルバンドのイレギュラーですが、
前回紹介した子と同じ子とは思えないくらい黒ずんでいます。
自分のテリトリーに侵入するお魚を威嚇するんですが、そのときこういう色になります。
大体いつもこういう感じです。
いつも怒っておられるようです。
餌のときだけ鮮やかに発色します。

この子はかなり幅を利かしてます。
以前小さなジュルパリ2匹を入れて2時間後に来てみたら、こいつが口にくわえて泳いでました。
口から尻尾が見えてたときは・・・もうあきらめるしかなかったです。
b0188042_0583958.jpg

そしてまたまたイレギュラーのダトニオ・リアルバンドです。
こういう左右対称の別れバンドが、好きなんですよね。
小さいけれど、しっかり餌を食べてます。
普段は流木に隠れてて、餌の時間は浮かんだカーニバル目がけて一直線。
これを何回も繰り返して、食後はお腹パンパンになっています。
この子は何があっても色がレモン色なので、案外根性が座ってるのかもしれません。
b0188042_3113362.jpg

そしてジュルパリ。
正式名称「サタノぺルカ・レウコスティクタ・ガイアナ」。
ブロ友さんの飼育係さんのジュルパリを見ていて惹かれました。
魅力は何と言ってもこの「馬面」!
勿論この輝きも魅力ですけどね。
ショップで聞くとガイアナ産が特に綺麗らしいので、去年次々と買ってたら6匹になりました。
勿論食べられることのない15センチサイズのものを買いました。
たくさんいると、ピカピカ光ってアマダイみたいで綺麗です。
彦麻呂さん風に言えば、“これは水槽の中のダイヤモンドや~!”って感じですかね。
b0188042_1624076.jpg

成長に伴って、顔がピンクっぽい赤色に変化してきました。
でも見る角度によっては、顔の斑点がグリーンにもマリンブルーにも見えて、白底水槽に映えます。
正しくダイヤです。
このジュルパリ、本来なら底の餌を食べるはずが水面のカーニバルを狙います。
落ちてくるまで待ってられん!ってとこでしょうかね。
事実落下途中でダトやメニーバーが全部食べちゃってますから、フムフム・・・生きるために学習したみたいです。
b0188042_0593545.jpg

そしてそのメニーバータイガーです。
大きくなりました。
25センチは超えてると思います
このお魚は前から見ても結構幅がありますね。
このメニーバーを飼育して、メニーバーが好きになりました。
見ると飼うのとでは大違いですね!
またダトニオとは違った魅力があります。
もう1匹10センチの予備軍がいますので、ここで早く2匹泳がせたいところです。
b0188042_10361.jpg

そして、アーチャーの登場です。
今ここで泳ぐアーチャーは3匹。
小さいサイズは、またパクリとやられてしまいますからね。
一番小さいゼブラでも15センチくらいはあります。
予備軍のチビアーチャーたちは、現在600水槽で成長待ちです。

大体こういう感じで、総勢18匹います。
大きくなったらエイ水槽に移すつもりのお魚もいますが、中々大きくなりませんね。

# by doppuri-ei | 2013-03-22 01:00 | ダトニオ

ニューダトニオ!

新しくダトニオがメンバーに加わりました。
ダトニオリアルバンドです。
約30センチあります。
b0188042_2224177.jpg

現在、本ダトニオは滅多に見なくなりました。
たまにオークションに出ていてもかなり高額まで上がっていきますしね。
この子はバンドは乱れていますが、私のお気に入りの乱れ方です。
逆V字バンドは大好きです!
それに左右対称ですしね。
b0188042_22243899.jpg

元気いいです。
いい位置に流木を置いても、すぐに動かしてしまいます。
性格はやや乱暴ものですが、何でも食べてくれます。
立派に大きくしてやりたいと思います。

# by doppuri-ei | 2013-03-13 22:30 | ダトニオ

アーチャー三役そろい踏み!

2月末になりました。
大相撲春場所が近づいてきています。
何よりも大相撲好きの私としては、フツフツと血が騒いでおります。
以前は15日間毎日大阪府立体育会館に通ったことがありましたが、今はちょっと無理になりました。それでも行かずにはおれない!

タイトルの「三役そろい踏み」でつい興奮しましたが、
アーチャーが1種類増えました。
あの幻のアーチャーと言われたゼブラ・アーチャーフィッシュ!
一昨年の“幻のアーチャーついに日本上陸!”
あのとき自分の心のうちでは号外が出ましたが、
今回は更に興奮しています。

セブンスポット・アーチャーに紛れて、とあるアーチャーが日本に上陸したらしいのです。
それは、
それは、
「スモールスケール・アーチャーフィッシュ」!
b0188042_2145529.jpg

スモールっていうからにはあまり大きくならないのか?!
入ってきたサイズも小さいのかな~、価格は?と言ってる間に売れてしまっては一大事!
とにかく早く電話を!
しかしネットで発見したのが夜11時。
とにかくメールだけでも送って、後は神に祈るのみ。

翌日メールが来ました。
まだいますよ、どうしますか?とのこと。
勿論買います!

そのアーチャーが、今日ついに届きました。
在庫の2匹すべて買いました。
b0188042_0483950.jpg

1時間の水合わせの後、仲間のアーチャーのいる水槽へドボンしました。
こちらです。
b0188042_0503928.jpg

ムム・・、?????
どう見ても私が描いたイラストとは似ていないような・・・。
どう見てもセブンスポット・アーチャーフィッシュですね。
このイラストは海外のサイトの写真を元に描いたんですけど。
よ~く見ると黄色味が強い個体という感じですが、更によ~くよ~く見ると顔の長さがこちらの方が長いようにも見えます。
でも何も言われなければ、やっぱりセブンスポット・・ですね。

大きくなったらイラストみたいになるんでしょうか。
何が正しいのかよく分かりませんが、日本のショップがスモールスケールと言うんですから、そうなんだ!と信じて育ててみることにします。
b0188042_0512084.jpg

とりあえず、今いる2種類のアーチャーに加えて3種類のアーチャーが揃ったことになります。いつかは全部で7、8種類いるらしいアーチャーを全部そろえて飼育してみたいです。アーチャー完全制覇への道は険しいようです。
一歩一歩です。

# by doppuri-ei | 2013-02-28 00:53 | アーチャーフィッシュ

フロッグ・ファミリーの面々!

前回のフロッグ・ファミリーの記事以降、カエルさんへの暖かいメッセージが少しだけ寄せられましたので、ちょこっとだけ紹介します。
b0188042_1594386.jpg

まずは古参のアフウシの「ウシ子」。
一番大きく、一番声が低い。
「ヌォーヌォー」って声で響きがあります。
低温の魅力、カエル界のフランク永井ってところでしょうか。
実はメスだと思って名付けたあとに、オスだと分かったのでこういう名前になってます。
b0188042_20912.jpg

次に古い子がこの子。
名前は「ウシ麻呂」。
「ウシ子」に次いでよく泣きます。
「フェーフェー」って鳴き声です。
同じアフウシなのに鳴き声が違います。
体の大きさも関係しているのかもしれませんね。
b0188042_203422.jpg

「うしの守(かみ)」です。
いつも姿勢がいいです。
まるで武士のよう、修験者のようです。
b0188042_20594.jpg

そして「おモーの方」。
お腹が一番黄色いです。
この子はかなり大きいですが、今まで一度も鳴きません。
おそらくメスでしょうね。

ということでアフウシの紹介でした。
皆さんはすべて同じに見えるでしょうね。
でも性格は皆違うんですよ。
カエルでも個性があるんですね。
でも感触は皆羽二重餅。マシュマロのようですけどね。

おっと、もう1匹忘れてはならないフロッグが!
ツノガエルの「ブビラ」です。
b0188042_303238.jpg

私にとって、「アルプスの少女ハイジ」のヨーゼフのような存在です。
そして食欲旺盛で指をも齧る勢いです。
そこがまた可愛いですよね。
夏は枕元に置いて一緒に寝ています。
ブビラの鳴き声を聞きたいので。
安眠できますよ~。グ~グ~zzzzz。

# by doppuri-ei | 2013-02-17 23:52 | カエル

ニュープロジェクト!

突然ですが、今年新しくあることを始めようと思っています。
そのあることとは・・・。

こういうものとか
b0188042_583216.jpg

こういうものとか
b0188042_59924.jpg

こういうものを飼いたいと思っています。
b0188042_594245.jpg

そしてこういうものを飼うために
こういうものを買いました。
b0188042_18224.jpg

こういうものも買いました。
b0188042_1822965.jpg

こういうものは飼育が難しいので、
こういうもので目下勉強中です。
b0188042_1825245.jpg

これからはこういうものもブログに載せていきたいと思っています。
乞うご期待下さい!

# by doppuri-ei | 2013-02-14 18:04 | 海水魚

フロッグ・ファミリー!

カエルが増えています。
私が一番好きなカエルさんはクツワアメガエルなのですが、樹上性のカエル飼育は私にとってはハードルが高く失敗の連続です。貴重なカエルだというのに、今まで2匹死なせてしまいました。

そこで地上性のカエルに目を移すことにしました。
地上性のカエルで一番好きなのが「ドワーフ・アフリカウシガエル」!
小型の「アフウシ」です。
触った時の感触が、羽二重餅のようなマシュマロのような柔らかさなんです。
b0188042_4131161.jpg

一昨年まで2匹だったのが、去年また2匹増えて4匹に!
元々いるツノガエルも加えて総勢5匹のフロッグ・ファミリーになりました。
写真は一番古くからいるアフウシの「ウシ子」。
何故かいつもこの状態。
ナースのような。
修道女みたいな。
こういう顔大好きです。
b0188042_354763.jpg


カエルの存在を感じるのは深夜。
寝静まった家の中に、アフウシの鳴き声が響きます。
夜寒の中トイレにいると、「フェーフェー」って声が聞こえます。
1匹鳴くと、つられて他のアフウシも鳴きだします。

風情があります。
芭蕉の世界。
「いとをかし」の世界です。
そこで一句。

ウシの音に 思わず長居 風邪を引き
夜中のトイレは冷えますね~。ハークション!

餌は1週間に1回、パックマンフードなので助かります。
b0188042_4123547.jpg

しかし、時々こういう奴も与えます。
あんまり気持ちいいもんじゃないですけどね。

# by doppuri-ei | 2013-02-10 04:14 | カエル