コロコロしてます!

ホント久しぶりに大型魚をお迎えしました。
水合わせ中です。
b0188042_0471116.jpg

ブルテリアのブービー君も見守る中、慎重に水合わせです。
いつも最低でも1時間はかけています。
b0188042_046365.jpg

そのお魚とは・・・。
この子です!
b0188042_11424041.jpg

超ショートボディのオスカーです。
こちらの写真はお譲りいただいた方の許可を得て掲載しました。
うちはベアタンクですからね。
今まで色んなショップで“短めオスカー”を数度見たことがありますが、ここまで短いディスク級のオスカー君は初めてです!
ややシャクった口元も可愛いです。
何でも食べてくれるそうなので、飼育は楽そうです。
水槽に入って約12時間後、おとひめを食べてくれました。

オスカー君は1800のエイ水槽に入居しました。
水槽に入った写真は後日アップしますね。

# by doppuri-ei | 2013-02-03 20:57 | その他

アーチャー、1200水槽でスイスイ!

一昨年まで600水槽で泳いでいたセブンスポット・アーチャー。
去年1200水槽へお引越しました。
b0188042_2144818.jpg

引越し前に大きさを測ると、17センチでした。
ここまで大きくした大事なアーチャーです。
エイ並みに2時間かけての水合わせをしました。
ちょっと神経質になりすぎでしょうね。

この水槽へ入ってからのアーチャーたちですが、遥かに運動量が増えました。
なのでその分よく食べます。
測ってないですが、20センチを超えていると思います。

そして念願だったあの「ゼブラ・アーチャー」もいます。
ついについに購入しました。
去年あたりからかなり価格が下がったので、これなら買える!と9センチくらいの個体をまず1匹。
それからもオークションで見かけると、ついついもう1匹もう1匹と買っているうちに今や8匹になっています。
でも7匹はまだ小さいので、600水槽で大きくしてから1200水槽に合流させる予定です。
b0188042_22155972.jpg

ノーマルのアーチャーとの違いは、私の主観ですが顔が小さいような気がします。ノーマルアーチャーが4頭身としたら、6頭身くらいって感じですかね。
それに加えて運動能力が非常に発達しているように思えます。
とにかく動きが早い。
蓋についた餌をジャンプしてとるときも目にもとまらぬ早業です。
うかうかしていると、セブン・スポットは食べれなくなってしまいます。
まあその分ゼブラの成長は早くなるでしょうけど、アーチャーすべてに元気でいてもらいたいんですよね。

噂ではゼブラ・アーチャーは40センチになるらしいです。
ホントにそこまで成長するのか、自分の目で確認したいと思っています。

# by doppuri-ei | 2013-01-31 01:14 | アーチャーフィッシュ

お久しぶりです。

皆さん、お久しぶりです。ほぼ1年ぶりになります。
長い長~い間、ブログ更新が途絶えておりましたが、今日から再開させていただきます。
久々のブログ更新とあって、写真のアップの仕方を忘れてしまいました。
それに自分のパソコンがおかしくなったのか、ブログ画面が変になっています。
ちょっとカラーを変えてみました。
心機一転リニューアルした「NEWどっぷりエイ」を、また以前のようによろしくお願いします。

ところで突然ですが、一昨日1月27日我が家のビルマホシガメが産卵しました。
ビックリです!
驚きです!
餌の小松菜をやって寝ようと思っていたら、白い卵が1個転がっていました。
メスは産卵間近になると食べなくなると聞いています。
でもうちは前日も食器の上にかぶさって、独り占め体制でガツガツ食べていました。

とにかく眠気が一気に吹っ飛びました。
産んだのは甲長25センチほどのメスです。
b0188042_18572439.jpg

この子がうちに来たのは7年ほど前の寒~い日の1月。
マッチ箱に入るくらいの小ささで、風邪ひかしたら大変だと保温や餌の種類に気を使いました。
その子が産んだ初めての純白の卵!
b0188042_18472441.jpg

同じゲージにオスがいます。
この子はうちに来て8年になる20センチほどの子です。
b0188042_1858138.jpg

土中に産んでいたら有精卵、転がっていたら無精卵と言われたりしますが、うちでは気管への影響を考えて、床材入れていませんので、土の中に産みたくても産めないわけで・・。
しかし一緒のゲージに入れてからというもの交尾行動をよく目にしていましたので、有精卵の可能性もあると思います。いつもこうして仲良く餌を食べています。
b0188042_1859625.jpg

そして孵化へ向けての行動開始です。
まず100均のプラケースに水で湿らせたバーミキュライトを入れます。
真ん中をホリホリして卵を入れます。
この時絶対上下逆にしたらダメです。
産卵後数時間で発生が始まるので、上に目印をつけてそのまま移動します。
b0188042_18475712.jpg

次に加湿器の登場です。
バーミキュライトを湿らせたくらいじゃ、湿度70%はおろか50を切ってしまいます。両サイドにスーパーのトレイに水を張って置いています。でも加湿器の威力には及びませんね。
保温は天井部分に「暖突」を2つ設置。
b0188042_184826100.jpg

この体制でケージの湿度を70%、温度を29℃に保ちます。
リクガメの雌雄はこの時期の温度によって決まります。
25℃前後だとオス、30℃以上だとメスになります。
初めてのことだし、低温になりすぎて☆になるとマズイので、29℃に設定しました。元気ならば、オスメスどっちでもいいですからね。

これで孵化まで、早くて3ヶ月、遅くて半年。
とにかく有精卵であってほしいです。
でも期待はあまりしてません、その分落胆が大きいので。

# by doppuri-ei | 2013-01-29 19:07 | その他

何なの、これは!?

フォーバーショートについてです。
一昨日何となく水槽を見ると、近づいてきたフォーバーの頭部が変です。
腫れ物ができています。
しかもそこから白いひも状のものが出ています。
その反対側の目の上は、中から押し上げられたように膨れています。
b0188042_243796.jpg

メチャクチャ驚きました。
というか寒気がしました。
もしやダトニオに起こるあの恐ろしい病気ではないか!と。

以前他の方のブログで、体中にできものができたダトニオの写真を見たことがあります。
あの病気だけは絶対嫌だ!と思っていました。
そうならないように、人工飼料&冷凍エビで育てています。
いまだ生き餌しか食べない1匹のダトニオを除いては、生き餌は一切与えていません。
なのに、どうして・・・。
パニックになりました。
最悪のことしか考えられません。
b0188042_2433435.jpg

でもちょうどワンの散歩に行く時間だったので、蛇口をひねり水換えをしつつ家を出ました。こういうとき新水垂れ流し水槽は楽チンです。
そしていつもお世話になっているC’ZONEのたかあきさんに相談しました。
そして的確なアドバイスをいただきました。
数個ある考えられる原因&治療法の中から、まずは可能性大の「水の汚れからくる硝酸塩の蓄積」とみて、水換えと塩で様子をみることにしました。
いつもありがとうございます。

今回はその闘病記録をまとめていきたいと思います。
長くなりそうですので、2回に分けて書きたいと思います。

2月2日】(下写真)
右頭部の腫れはおさまり、白い物体はもう出ていません。
でも反対側の左目の上の腫れは全くひいていません。
それどころか更に腫れがクッキリとしてきたようにも見えます。

でもこの腫れは酷くなる過程ではなく、膿んで膿みが出たら治るような感じにも見えました。なぜならば、右側の腫れもこの過程を踏んで回復したように思えるからです。
また水換えによって、導電率が320から280台に下がりました。
b0188042_23412396.jpg

2月3日】(下写真)
そしてまたここからも白いものが出てきました。
でも腫れ自体はひいてきたようです。
明らかにしぼんでいます。
風船の空気がぬけてしぼんだみたいです。
b0188042_23414075.jpg

2月4日】(下写真)
白い物体はまだ出ていますが、勢いがありません。
昨日でかなり出てしまったような気がします。
そのためか、腫れはおさまってきたようです。
患部の色もピンク色になっていましたが、いつもの色に戻りつつあります。
そして導電率は230台に下がりました。
エイのいる水槽で250切れば優秀とショップで言われたことがありますが、ダトニオの治療で水を換えていますから、これでもまだ高いと思います。毎日少しづづ換えて200を切れればいいなあと思っています。
b0188042_1145875.jpg

# by doppuri-ei | 2012-02-15 01:42 | フォーバータイガー

鬼やらい・・!

今日は節分です。
正式には今日年が変わります。
b0188042_23341481.jpg

節分と言えば「豆まき」が定番ですが、私は豆が苦手です。
ピーナッツを10粒食べたけで、1週間体調を崩してしまいました。
そんな私の節分のお楽しみは、「海苔巻きの丸かぶり」です。
忠実に恵方に向かってかぶります。
いいということはしておこう!という主義です。
寿司業界の宣伝であろうが何であろうが、気にしません。
大好きなお寿司を食べる機会を1回多く得られるので感謝しています。

カエルもビッグサイズ海苔巻きを食べています。
これにはミミズもアゴを外してビックリです。
b0188042_23254986.jpg

さて、今日はうちのカエルさんについてです。
2匹いるドワーフ・アフウシの1匹がオスと判明しました。
b0188042_2330583.jpg

このカエルさんが来たのは去年の6月くらいでした。
窮屈そうな状態で届きました。想像していたよりも大きいと感じました。
すぐにプラケースに移しましたが、終始この逆立ちポーズです。
疲れないかな~と態勢をもどしてやってもすぐこのカッコに戻っていました。
b0188042_2326201.jpg

そのカエルさんの鳴き声が夜中に聞こえました。
ケロッケロじゃないですよ。
形容が難しいんですが、ゲゲゲ・・・って感じですかね。
まだ8センチ足らずなのにもう鳴いています。
おかげで賑やかな部屋がますます賑やかになっています。

# by doppuri-ei | 2012-02-03 20:28 | カエル

原因不明・・・!

昨日アーチャーフィッシュの1匹が突然死しました。
原因不明です。
夕食前に水槽を見たときは、皆いつも通りにスイスイ泳いでいました。
それが午後9時過ぎに餌をやろうと見たら、1匹が痙攣を起こしていました。
でも起こしつつも泳いでいました。
何があったのか分からず、まあとにかく水を換えようと台所へ浄水器をセットしに行って部屋に帰ってきたら、底に沈んで痙攣していました。
エラが動いていたのはそれから数十秒くらいで、すぐにそのエラの動きも止まってしまいました。
急死です。
そして原因も不明です。
人間でいえば、急性心筋梗塞や、大動脈破裂のようです。

この子は通常も色は悪かったですが、一番大きくて一番愛着のある子でした。
うちに来て5月で6年になるはずでした。
もうそろそろダトニオ水槽に移せるぞ!と思っていた矢先だったので、残念です。
b0188042_2125688.jpg

大きさを測ってみました。
19センチあります。
大きくなったアーチャーは迫力ありますからね。
ただダトニオとの相性や、ダトニオが間違って飲み込まないかということだけが心配なんですよね。
それがなかったら、とっくに混泳させていたんですが・・・。
40センチのダトニオと15~18センチのアーチャーの混泳に危険はないでしょうか?ご存知の方、ご教授ください。

【追加】
この写真を載せたのは、アーチャーで20センチなんてありえない!という声が以前にありましたので、大事に飼育すれば水槽内でもここまで大きくなるんだということを言葉ではなく写真でお見せしたかったからです。ブログでも中々大きめのアーチャーの写真は載っていませんもんね。かといって生きている状態のアーチャーをネットで掬うと、なぜか突然死してしまう気の弱いアーチャーがかつていたので、その気にはなれませんでした。
でも気持ち悪い~と感じられる方には申し訳ありません。

# by doppuri-ei | 2012-01-30 21:25 | アーチャーフィッシュ

雪にもめげず!

今日、大阪で今年初めての雪が降っています。
散歩にでましたが途中で吹雪に変わり、走って帰ってきました。
秋田犬は雪が大好きなので大喜びですが、人間はたまりませんからね。
b0188042_12165690.jpg


ところで今日は今年初めてのエイの話題です。
総勢10匹皆元気です。
b0188042_12365642.jpg

フォーバー・ショートも元気です。
特にこの子は奇形体型を考慮して食べ過ぎ注意なので、餌はかなり抑えています。なのでいつも軽い飢え気味です。
ダトニオは一昨年・去年とジワジワと増加傾向にありますが、エイは安定しています。
b0188042_12353313.jpg

餌はダトニオがいるので、以前のキャット・カーニバルに加えて冷凍エビも食べていますが、かなりお気に入りのようです。
b0188042_12355785.jpg

そして大きさですが、一番のチビのギャラクシー「あまね」でも25センチになりました。
最大では47センチあります。
47センチの「なると」が前面にへばりつくと、水槽内が暗くなります。
しかし迫力満点です。
b0188042_12362795.jpg

フラワー・ポルチャも増々綺麗になってきました。
この子も40センチを超えました。
こういう寒い日でも、エイやダトニオを見ながら食べる鍋焼きうどんは最高です。

# by doppuri-ei | 2012-01-24 12:22 | 淡水エイ