カメの恩返し・・?

海馬家のミツユビハコガメの「もんじゅ」です。
可愛いでしょう~。♪
通常の個体よりも尻尾がかなり短いです。
「もんじゅ」という名前は知恵の仏様・文殊菩薩から命名しました。利口になりますよ~にとの願いを込めて。ちなみにナトリウム漏れの原子力発電所とは関係ありませんので。
b0188042_7434765.jpg

この子は2年前の4月、突然送られてきました。
リクガメのヤシ柄マットを購入していたショップが突然倒産になり、売れ残ったこのカメさんを送ってきたんです。何も頼んでいないのに突然宅急便が届き、フタを開けるとこの子と1通の手紙が。
そこには「この子をお願いします」とだけ書かれていました。
尻尾を噛まれて短くなっているので売れ残ったんでしょうね。
そのときのこの子の大きさは5センチにも満たない大きさでした。

でももうこれ以上カメさんを飼ってはいけないとお達しがあったので、この子をどうするか家族会議(?)を開きました。でも母の「飼ってあげたらいいやん」の鶴の一声で会議はすぐに終了。晴れて海馬家の家族の一員となったわけです。
めでたしめでたし。
b0188042_10572476.jpg

ということであれから2年半経ちました。
現在の大きさは約13センチ。性別は♂です。
もうこれ以上は大きくならないと思うので、今の爬虫類ゲージで生涯OKだと思います。顔の点々模様は来たときは黄色だったんですが、お酒を飲んだみたいに段々赤くなってきました。ハコガメですから、驚いたときは顔を甲羅の中にしまいこんでフタをすることができるんですが、この子は驚くということがないらしく、いまだその様子を見せてくれません。

ずっと玄関の下駄箱の上のゲージの中にいます。
知らない人が来るとガラス越しに噛みつきにいってます。チビながらあっぱれです!カメが苦手な人はこの「もんじゅ」の形相を見て驚いています。
恩を感じてるんでしょうか、今日も“番カメ”として頑張っています。

by doppuri-ei | 2010-10-20 07:48 | その他

<< “どっぷりエイ”Vol.2到着! もう冬支度・・? >>